『臨床心理学増刊第9号』
みんなの当事者研究

熊谷晋一郎編

B5判/200頁/定価(本体2,400円+税)



1−みんなの当事者研究

  • 総論「みんなの当事者研究」 熊谷晋一郎

2−来たるべき当事者研究

  • 対談「来たるべき当事者研究」 熊谷晋一郎+國分功一郎

3−当事者研究のドライビングフォース――当事者研究の「歴史/哲学」

  • 生きて存ることの研究 福島 智
  • 当事者研究とソーシャルワーク 向谷地生良
  • 当事者研究と精神医学 丹羽真一
  • 自助グループと当事者性 信田さよ子
  • 当事者研究と「哲学」 石原孝二
  • 当事者研究と「教育学」 河野哲也
  • 当事者研究と「現象学」 村上靖彦
  • 当事者研究と「社会学(女性学)」 上野千鶴子

4−当事者研究をはじめよう!――当事者研究Q&A

  • [編集・執筆]綾屋紗月+当事者研究のやり方研究会

5−ひろがる当事者研究――当事者研究の「実践」

  • 男性薬物依存症の当事者研究 秋元恵一郎
  • 女性薬物依存症の当事者研究 上岡陽江
  • 統合失調症の当事者研究 中嶋正人
  • 双極性障害の当事者研究 坂口恭平
  • おとなの発達障害の当事者研究 大嶋栄子
  • レビー小体病の当事者研究 樋口直美
  • 子どもの当事者研究 森村美和子
  • 吃音の当事者研究 山田舜也
  • 聴覚障害の当事者研究 松 丈
  • ジェンダーの当事者研究 大嶋栄子
  • こじらせ男子の当事者研究 清田隆之

6−当事者研究の進化形態――当事者研究の「未来」

  • 当事者研究の支援効果に関するエビデンス 熊谷晋一郎
  • 当事者主導研究――User-led studyの動向と未来について山崎修道
  • 精神医療のコ・プロダクション 西田淳志
  • 浦河べてるの家の縦断研究 石川亮太郎+)小林 茂
  • 医療観察法病棟における当事者研究の実践 高橋 昇
  • [補論]Discovery志向型共同研究
  • 顔認知時のスキャンパターン 加藤正晴
  • 語りの自然言語処理 荒牧英治
  • ASD視覚体験シミュレーター 長井志江
  • 「言いっぱなし聞きっぱなし」のエスノメソドロジー 浦野 茂
  • パーソナルスペース 浅田晃佑


好評発売中!!
『精神療法第43巻第3号』
特集 オープンダイアローグ

B5判/160頁/定価(本体2,000円+税)



特集にあたって:斎藤 環
オープンダイアローグを「知の形式」として―ベイトソンの系譜から:野村直樹
オープンダイアローグの歴史的背景と考え方,そして日本での実践可能性:下平美智代
フィンランドからのもう一つの贈り物―未来語りのダイアローグ:白木孝二
ACT におけるオープンダイアローグ:伊藤順一郎・下平美智代
オープンダイアローグとナラティヴアプローチ―「個人化」を超えて:野口裕二
臨床心理士とオープンダイアローグ信田さよ子
べてるとオープンダイアローグ:向谷地生良
オープンダイアローグをいかに実践するか:森川すいめい
開かれゆく会話のためのリフレクティング―二つの事例から:矢原隆行


好評発売中!!
マインドフルネスのはじめ方
今この瞬間とあなたの人生を取り戻すために



ジョン・カバットジン 著

貝谷久宣 監訳/鈴木孝信 訳

A5判/200頁/定価(本体2,800円+税)



パートT 入門

  • 初心
  • 呼吸
  • 誰が呼吸をしているのか
  • 世界で一番難しい仕事
  • この瞬間を大切にする
  • マインドフルネスとは気づくこと
  • するモード・あるモード
  • 科学に基づくマインドフルネス
  • マインドフルネスは世界共通
  • 目覚め
  • あなたの道具を安定させ調整すること
  • 気づきにとどまることがマインドフルネスでは大切
  • 忍耐の素晴らしさ
  • あなたのデフォルト設定を調節する
  • 気づき:「考え」をバランス良くするただ一つの能力
  • 注意と気づきは練習して伸ばせる能力
  • 考えることが問題なのではない
  • 自分の考えと仲良くなる
  • 分かりやすい心のイメージ
  • 「考え」を自分に当てはめない
  • 自分中心に考えること・セルフィング
  • 人称代名詞 特に「わたし」への執着
  • 気づきは大きな入れ物
  • 注意を向けるものより,それに注意を向け続けることの方が大切

パートU 持続

  • マインドフルネス・ストレス低減法
  • 世界的な動き
  • 優しく注意を払う
  • マインドフルネスはすべての感覚によってもたらされる
  • 自己受容感覚と内受容感覚
  • 気づきのつながり
  • 知ることはまず気づくこと
  • 生きること自体が瞑想の練習になる
  • あなたには居場所がある
  • 鼻のすぐ下
  • マインドフルネスは単なる「素敵な考え方」ではない
  • 触れ合いを取り戻すこと
  • 私は何者?
  • 自分のストーリーに問いかける
  • あなたはストーリー以上の存在
  • あなたは完全円満でないわけがない
  • 別のやり方で注意を払う
  • 知らないということ
  • 用意された心
  • あなたに見えるものは?

パートV 深まり

  • 行くべき場所,するべきことはない
  • ある(在る)ことから生まれる,すること
  • 正しく行動する
  • 何が起きているか気づいているのなら,あなたは正しいことをしている
  • 判断をくださないことは,賢さと優しさの行い
  • ありがたいことに,あなたはあなた自身にしかなれない
  • 知るということの体現
  • 他人のために喜びを感じる
  • やっかいごとだらけ
  • 苦しみに気づいていることは苦しいことか?
  • 苦しみから解放されるとはどういったことか
  • 地獄道
  • 解放は実践の中にある
  • それ自身を知っている心の美しさ
  • 瞑想の実践を大切に扱う
  • 瞑想実践へのエネルギーを節約する
  • 害を与えないという態度
  • 欲:不満の連続
  • 嫌悪:欲の裏返し
  • 妄想と自己充足的予言
  • 今がいつも正しい時
  • 「カリキュラム」は「ただこれ」
  • 自分の人生を取り戻す
  • マインドフルネスをより大きな世界へと持ち出す

パートW 実り

  • マインドフルネス実践における基本的な態度

パートX 実践

  • 正式なトレーニングを始める
  • 食べるマインドフルネス
  • 呼吸のマインドフルネス
  • 1つのまとまりとしての身体のマインドフルネス
  • 音・考え・感情のマインドフルネス
  • 純粋な気づきとしてのマインドフルネス
好評発売中!!

心理学書販売研究会 フェアのお知らせ




【フェア】ここにあります!売れている心理学書2017@三省堂書店神保町本店

会場:三省堂書店神保町本店 5階フェアコーナー

期間: 2017年6月30日(金)〜2017年8月31日(木)

心理学の基本書500冊とイチオシ新刊がズラリと並びます!
ぜひ、足をお運びくださいますようお願いいたします。






e-mail: kongo@kongoshuppan.co.jp

(最終更新:2017.9.28)