心理アセスメント

心理検査を支援に繋ぐフィードバック
事例でわかる心理検査の伝え方・活かし方[第2集]

竹内健児編著

本書は多様な現場と経緯において心理検査を受検したクライエントに,「客観的かつ支持的な」検査結果の共有を試みた現場の臨床家の8つの事例を収載する。2009年刊行の第2集と同様,受験者へのフィードバックとスタッフへの報告のやり取りを逐語で収録,報告書式を示した。
A5判/p.230/本体3,400円+税 /ISBN978-4-7724-1507-1〔2016〕

事例でわかる心理検査の伝え方・活かし方

竹内健児編著

心理職の重要な専門性である心理検査は,その結果をクライエントやスタッフにうまく「伝え」,臨床に「活かす」ことではじめて完結する。 さまざまな現場で活躍する中堅心理士たちの臨場感あふれる事例報告と工夫に,経験豊富な臨床家がコメントする,その往復のなかで,読者は心理テストの広がりと深みをつかむことができるだろう。
A5判/p.232/本体3,400円+税 /ISBN978-4-7724-1113-4〔2009〕

離婚と子どもの司法心理アセスメント
子の監護評価の実践

ジェリ・S・W・フールマン,ロバート・A・ジーベル著
田高 誠,渡部信吾訳

離婚後の子の生活,親子関係の持ち方について両親の意見が相違した場合の司法手続に対し,心理的側面からどのようなアセスメントが提供できるか。心理的アセスメント報告を法的判断に活用する裁判官・弁護士など,〈心理−法的〉概念を通して離婚と子の監護にかかわるあらゆる関係者必携。
A5判/p.240/本体4,200円+税 /ISBN978-4-7724-1499-9〔2016〕

神経心理学的アセスメント・ハンドブック

小海宏之著

本書では臨床現場でよく使用される神経心理学的アセスメントの概論および高次脳機能との関連も含めた総合的な解釈法について解説する。また,検査を実施する上での留意点なども含めて臨床実践として理解しやすいように可能な限り症例も交えて紹介した。
A5判/p.232/本体4,200円+税 /ISBN978-4-7724-1420-3〔2015〕

治療的アセスメントの理論と実践
クライアントの靴を履いて

S・E・フィン著/野田昌道,中村紀子訳

テストからフィードバックを経て検査者=査定者が同時に治療者にもなりうる治療的アセスメントの実践を解説する。クライアントへの深い共感に裏打ちされたヒューマニスティックなアセスメントの方法論。

A5判/p.368/本体4,500円+税 /ISBN978-4-7724-1369-5〔2014〕

非行・犯罪少年のアセスメント
問題点と方法論

R・D・ホッジ,D・A・アンドリュース著
菅野哲也訳

少年犯罪の低年齢化・凶悪化が問題となる中で,厳罰化を進めるか更生を目指した教育的な介入するかといった処遇方法の適切な選択が望まれている。本書では最新の少年司法制度の理論を解説し,心理検査や調査方法を活用することによって適切な司法判断につなげるプロセスを紹介する。
A5判/p.184/本体3,200円+税 /ISBN978-4-7724-1235-3〔2012〕

わかりやすいMMPI活用ハンドブック
施行から臨床応用まで

日本臨床MMPI研究会監修
野呂浩史,荒川和歌子,井手正吾編/和田秀樹 序文

パーソナリティ検査としてロールシャッハ・テストと並び称されるMMPI(ミネソタ多面式人格目録)テキスト。MMPIに初めて触れる初学者にもわかりやすく構成されている本書は,心理検査のフィードバックが成否を分かつ今日の専門職種チーム医療における必読書。
B5判/p.324/本体3,800円+税 /ISBN978-4-7724-1203-2〔2011〕

子どもの臨床心理アセスメント
子ども・家族・学校支援のために

松本真理子,金子一史編

子どもの心理臨床では,一人一人の個性に合わせたアプローチが必要であり,親子関係や学校の状況などの環境への配慮も欠かせません。この二つの視点から子どもの全体像を把握し,援助の指針を示し,実践に結びつけるためのアセスメントの方法を解説します。SCT,TAT,WISC-Vや新版K式発達検査といった子どものアセスメントで多用される検査を紹介した実践書です。
B5判/p.200/本体2,800円+税 /ISBN978-4-7724-1156-1〔2010〕

精神科臨床における心理アセスメント入門

津川律子著

チェックリストでもラベリングでもない「心理アセスメントの六つの視点」を,第七の視点(here and now)で有機的につなげ,クライエントの立体的な全体像をとらえるために――若手臨床心理士に贈る「心理アセスメント入門」必携書。
四六判/p.240/本体2,600円+税 /ISBN978-4-7724-1079-3〔2009〕
臨床心理学レクチャー

臨床心理アセスメント入門
臨床心理学は,どのように問題を把握するのか

下山晴彦著

臨床心理学の最新知見に基づく臨床心理アセスメントの方法を,全23回講義を通して解説。本書を通じて得られた心理的問題の総合的把握のための枠組は,臨床心理学のみならず,メンタルヘルス活動全体における臨床心理アセスメントの意義と役割を知ることにつながるだろう。
A5判/p.232/本体3,200円+税 /ISBN978-4-7724-1044-1〔2008〕