認知療法・行動療法

マインドフル・ゲーム
60のゲームで 子どもと学ぶ マインドフルネス

S・K・グリーンランド著
大谷 彰監訳/浅田仁子著

「ゲームの活用という,これまでのマインドフル実践と指導には見られなかった画期的な手段を紹介した入門書」。親・養育者・教師が子どもといっしょに楽しく学んでいける、わかりやすくて、楽しくて、遊びながらもみるみる身につく、あたらしいマインドフルネス実践ガイド。

A5判/p.248/本体3,000円+税 /ISBN978-4-7724-1631-3〔2018〕

子どもの心の問題支援ガイド
教育現場に活かす認知行動療法

R.B.メヌッティ,R.W.クリストナー,A.フリーマン著
石川信一,佐藤正二,武藤 崇監訳

子どもが学校で示す心の問題,不安,抑うつ,摂食障害,ADHD,攻撃,いじめについて,認知行動療法の活用法を具体的に示す。教育現場の現実に対処する糸口を得るための実践的マネジメントの指導書である。

B5判/p.274/本体3,400円+税 /ISBN978-4-7724-1630-6〔2018〕

ティーンのためのマインドフルネス・ワークブック

S・V・ダイク著
家接哲次監訳/間藤 萌訳

本書では、10代の思春期・青年期の子どもたちが健やかに穏やかな日々を送るために、4つのDBTのコアスキルをわかりやすく学ぶことができる。弁証法的行動療法(DBT)とマインドフルネスを使って、感情と上手につきあい、こころもからだも楽になるためのワークブック。
B5判/p.168/本体2,800円+税 /ISBN978-4-7724-1620-7〔2018〕

自分を変えれば人生が変わる
あなたの生き方を変えるための,認知療法的戦略

J・E・ヤング,J・S・クロスコ著
鈴木孝信訳

本書では,よくみられる10の[性格の癖]を取り上げて,どうすればそれに気づき,理解し,変えていくことができるのか紹介していきます。どうすればそれに気づき,理解し,変えていくことができるのか,たくさんの事例やチェックシートとともに紹介します。
A5判/p.364/本体3,200円+税 /ISBN978-4-7724-1622-1〔2018〕

自尊心の育て方
あなたの生き方を変えるための,認知療法的戦略

M・マッケイ,P・ファニング著
高橋祥友訳

本書は,「自尊心」についての臨床的知見の宝庫であり,読者は,当事者,セラピストいずれの立場からも本書を読むことで,CBT(認知行動療法)による心理面接技術を身に付けると同時に,自らの対人スキルを促進することができる。
A5判/p.380/本体3,800円+税 /ISBN978-4-7724-1611-5〔2018〕

マインドフルネス・レクチャー
禅と臨床科学を通して考える

貝谷久宣,熊野宏昭,玄侑宗久著

本書は,わが国へのマインドフルネスの普及を主導してきた二人の医師,貝谷久宣,熊野宏昭が,それぞれマインドフルネスの導入・普及から医療現場での臨床応用の実際と,その脳科学的な理解について述べ,僧侶であり芥川賞作家でもある玄侑宗久が,マインドフルネスと仏教との関係を語った注目すべき講演録である。
A5判/p.200/本体2,200円+税 /ISBN978-4-7724-1612-2〔2018〕

子どもの視点でポジティブに考える
問題行動解決支援ハンドブック

R・E・オニール,R・W・アルビン,K・ストーレイ,
R・H・ホーナー,J・R・スプラギュー著
三田地真実,神山 努監訳/岡村章司,原口英之訳

本書では、問題行動の機能的アセスメント、また問題行動を起こしている子どもたちへの個別化したポジティブな行動介入・支援計画を立てる際に、必要な情報を集める手段としての記録用紙の使い方や手続きについて解説する。


B5判/p.270/本体3,200円+税 /ISBN978-4-7724-1583-5〔2017〕

青少年のための自尊心ワークブック
自信を高めて自分の目標を達成する

リサ・M・シャープ著/高橋祥友訳

 本書は,ティーンエイジャー(青少年)が自尊心を育み,自己洞察を深めるための明解な40の対処法(スキル)を示している。読者は,ワークブック形式の本書を読み進めることで,健康な自尊心に関する結果指向の練習を進めることができるであろう。

B5判/p.240/本体2,800円+税 /ISBN978-4-7724-1579-8〔2017〕

はじめてまなぶ行動療法

三田村 仰著

行動科学研究から臨床応用まで,心理臨床の歴史そのものと呼ぶにふさわしいほど長い歴史と蓄積をもつ行動療法。「パブロフの犬」の実験から認知行動療法,臨床行動分析,DBT,ACT,マインドフルネスまで,行動療法の基礎と最新のムーブメントを解説する研究者・実践家必読の行動療法入門ガイド。
A5判/p.336/本体3,200円+税 /ISBN978-4-7724-1572-9〔2017〕

自閉スペクトラム症の子どものための
認知行動療法ワークブック
愛情をしっかり理解し上手に表現しよう!

T・アトウッド,M・ガーネット著/下山晴彦監訳

気持ちのキャッチボールが苦手な子も,大切な人に思いを伝えられない子も,子どもの愛情を感じられずに悩む親も,しっかり気持ちを伝え合うスキルを身につけよう!みんなが元気になるための「気持ちが伝わるCBTマニュアル」。

B5判/p.160/本体2,400円+税 /ISBN978-4-7724-1565-1〔2017〕

マインドフルネス実践講義
マインドフルネス段階的トラウマセラピー(MB-POTT)

大谷 彰著

「マインドフルネスの難しい専門用語がわからない」「マインドフルネスをセラピーやセルフケアにどう取り入れたらいいかわからない」という声にこたえて,好評『マインドフルネス入門講義』の続篇が,マインドフルネスを使いこなすための理論と方法をガイドする実践篇として刊行。
A5判/p.184/本体2,800円+税 /ISBN978-4-7724-1555-2〔2017〕

マインドフルネスのはじめ方

J・カバットジン著
貝谷久宣監訳/鈴木孝信訳

本書の各章は,読者に考えてもらい実践してもらうことを促すために短く簡潔に述べられるようデザインされていますが,付属のガイドつき瞑想の練習用CDに従ってプログラムを進めることによってマインドフルネスをさらに深めることができるでしょう。体験的にマインドフルネスを学べる入門書。
A5判/p.200/本体2,800円+税 /ISBN978-4-7724-1542-2〔2017〕

頑張りすぎない生き方
失敗を味方にするプログラム

E・ロンバード著
大野 裕監訳/柳沢圭子訳

認知行動療法に基づいたBTP(Better Than Perfect:完璧よりもすばらしい)プログラムを使い、自分の思考パターンをより良い方向に変えていく。各章には、自分で書き込む質問票があるので、読みながら自分の意見や感想を書き込み、思考を整理していこう。読後には、完璧よりもすばらしい人生が待っている。
B5判/p.230/本体2,800円+税 /ISBN978-4-7724-1540-8〔2017〕

グループスキーマ療法
グループを家族に見立てる治療的再養育法実践ガイド

J・M・ファレル,I・A・ショー著
伊藤絵美監訳/大島郁葉訳

グループスキーマ療法の実践方法を,実際の言葉遣いを再現した多くの事例とともに紹介する。さらにグループスキーマ療法の成否の鍵を握るバラエティ豊かなテクニック(体験的技法・認知的技法・行動的技法・イメージ技法)も,すぐにでも実施できるようわかりやすく解説する。
A5判/p.480/本体6,200円+税 /ISBN978-4-7724-1528-6〔2016〕

アンガーマネジメント 11の方法

R・T・ポッターエフロン,P・S・ポッターエフロン著
藤野京子監訳

怒りは誰にでもある。それ自体によい,悪いはない。問題なのは、その怒りの感情をうまくとらえられなかったり、うまく処理できないことなのである。本書では怒りを11種類に分けそれぞれの怒りについて理解を深めていく。

B5判/p.200/本体3,400円+税 /ISBN978-4-7724-1513-2〔2016〕

Challeng the CBT
いつまでも健康で幸せに生きる!
認知行動療法セルフカウンセリング・ガイド

A・R・プッチ著/森重さとり,石垣琢麿訳

アーロン・ベックの認知行動療法とアルバート・エリスの論理情動療法を発展させたセルフカウンセリング「合理生活療法(Rational Living Therapy : RLT)」入門ガイド。「うつ」や「ストレス」の再発予防に効く万能セルフコントロールツール!
B5判/p.176/本体2,800円+税 /ISBN978-4-7724-1492-0〔2016〕

Challeng the CBT
双極性障害のための認知行動療法ポケットガイド

R・C・ホワイト,J・D・プレストン著/佐々木 淳監訳

双極性障害の当事者ルース・ホワイトとメンタルヘルスの専門家ジョン・プレストンによる、当事者だけでなく家族・パートナー・友人などにとっても役に立つ,双極性障害をよく知りよくサポートするための最良の入門書。

A5判/p.200/本体3,000円+税 /ISBN978-4-7724-1480-7〔2016〕

新訂増補 方法としての行動療法

山上 敏子著

行動療法理解の基本,身につけるべき技法,治療の進め方等を豊かな症例とともに平明な言葉で詳述。精神科臨床の日常のはしばしに役立ち,臨床の要請に応じて,自由自在に働き生き生きと動き出す,著者ならではの創造的な行動療法がここにある。2007年に刊行された初版に新たな論文を加え、新訂増補版とした。
四六判/p.238/本体2,800円+税 /ISBN978-4-7724-1468-5〔2016〕

スキーマ療法実践ガイド
スキーマモード・アプローチ入門

A・アーンツ,G・ヤコブ著/伊藤絵美監訳/吉村由未訳

境界性パーソナリティ障害など対人関係に課題を抱えたクライエントが対象とする「スキーマ療法」。ジェフリー・ヤングのスキーマ療法を理解し、よりよく臨床活用するためのプラクティカルガイド!

A5判/p.360/本体4,400円+税 /ISBN978-4-7724-1447-0〔2015〕

ケースで学ぶ
行動分析学による問題解決

日本行動分析学会編/山本淳一,武藤 崇,鎌倉やよい責任編集

すべての問題の元凶である「個人と環境との相互作用」を介入しながら変えていき、行動の変化をモニターしながら介入を繰り返す、行動分析学の問題解決テクニックをわかりやすく解説する。さまざまなヒューマンサービス領域での行動分析学の「使い勝手」がよくわかる、ケースで理解する行動分析学の問題解決法!
B5判/p.250/本体3,600円+税 /ISBN978-4-7724-1448-7〔2015〕

子どもの怒りに対する認知行動療法ワークブック

D・G・スコドルスキー,L・スケイヒル著
大野 裕監修/坂戸美和子,田村法子訳

10の治療セッションで構成された「キレる」子どもに対する治療プログラム。本書で示される認知行動療法を活用したアプローチは,子どものメンタルヘルスに関わる精神科医,心理士,ソーシャルワーカー,また,学校教育や少年司法プログラムに携わる専門職にも役立つであろう。
B5判/p.230/本体3,000円+税 /ISBN978-4-7724-1439-5〔2015〕

認知行動療法に基づいた気分改善ツールキット
気分の落ちこみをうつ病にしないための有効な戦略

D・A・クラーク著/高橋祥友監訳/高橋 晶,今村芳博,鈴木吏良訳

本書は,治療戦略の中心部分をなすのは認知行動療法の理論であり,その内容は,日常生活が抑うつ気分に支配されないよう,クライアントの「感情→思考→行動」に変化をもたらすための多くのツール(80種類の道具,最新の知見)を紹介,解説したものである。
B5判/p.260/本体3,600円+税 /ISBN978-4-7724-1426-5〔2015〕

あなたの自己回復力を育てる
認知行動療法とレジリエンス

M・ニーナン著/石垣琢麿監訳/柳沢圭子訳

本書は,トラウマやトラブルに負けない「心の回復力」にテーマを絞り,シチュエーションごとの実例を挙げて解説する。ユーモア,好奇心,適応力,感情コントロール,問題解決スキルなど,人生経験の奥深くに眠る回復力に気づき,日常生活に活かすための「折れない心の心理学」!
A5判/p.272/本体3,400円+税 /ISBN978-4-7724-1418-0〔2015〕

セルフ・コンパッション
あるがままの自分を受け入れる

クリスティーン・ネフ著/石村郁夫,樫村正美訳

本書はセルフ・コンパッションの実証的研究の先駆者である著者が、自身の体験を交えながらいままでの学術研究の知見をわかりやすくまとめた本である。主要な部分にはエクササイズを含むという工夫が満載。セルフ・コンパッションの概念から、著者がそこへと至る過程、構成要素、自尊心の違い、活用方法を紹介する。
A5判/p.288/本体3,800円+税 /ISBN978-4-7724-1396-1〔2014〕


認知行動療法 実践レッスン
エキスパートに学ぶ12の極意

神村栄一編

「気分障害・適応障害系」「不安障害系」「嗜癖・アクティングアウト系」「教育相談・療育相談系」という4セクションで展開される一歩先を行くCBTの技法と工夫は,マニュアル化が進む今こそ求められるセラピストの主体性と創造性を育むツールとなる。中上級レベルのCBTを目指すセラピストのための必読テキスト。
A5判/p.192/本体3,200円+税 /ISBN978-4-7724-1397-8〔2014〕


マインドフルネス入門講義

大谷 彰著

仏教瞑想の方法,ニューロサイエンスによる科学的検証,精神疾患への臨床応用など,本書で扱うテーマは多岐にわたる。臨床技法としてのマインドフルネスと仏教瞑想との対話を試みた,マインドフルネスの臨床実践に自信がもてる最良のテキストブック。
A5判/p.256/本体3,400円+税 /ISBN978-4-7724-1388-9〔2014〕

Challenge the CBTシリーズ
看護のための認知行動療法

白石裕子編

看護スタッフによる認知行動療法実践のポイント,工夫,最新の研究報告を紹介する「看護による看護のための認知行動療法入門」。統合失調症,うつ病,幻聴・幻声,退院支援,地域生活支援など,看護ケアの特徴にマッチした看護オリジナルのCBTメソッドを丁寧にわかりやすく解説する。
A5判/p.250/本体2,800円+税 /ISBN978-4-7724-1378-7〔2014〕

認知行動療法・禁煙ワークブック
Re-Freshプログラム

原田隆之著

「わかっちゃいるけどやめられない」喫煙の驚くべき科学的解決! 依存症への治療効果が実証された認知行動療法の再発予防モデルによる,ステップ・バイ・ステップの禁煙プログラム。8ステップ禁煙セルフワークブック!(禁煙外来とも併用可)
B5判/p.120/本体2,000円+税 /ISBN978-4-7724-1365-7〔2014〕

ストレス軽減ワークブック
認知行動療法理論に基づくストレス緩和自習書
プレッシャーを和らげ,関わりを改善し,葛藤を最小限にする単純な戦略

ジョナサン・S・アブラモウィッツ著

高橋祥友監訳

本書は,ストレス軽減のための自習書であり,認知行動療法やSST,アサーション,リラクセーション,マインドフルネス瞑想,不安管理訓練を活用したさまざまなテクニックが紹介されている。臨床家のための最強の“ストレスマネジメント・プログラム”

B5判/p.330/本体3,600円+税 /ISBN978-4-7724-1349-7〔2013〕

不安に悩まないためのワークブック
認知行動療法による解決法

デビッド・A・クラーク,アーロン・T・ベック著
坂野雄二監訳/笹川智子・石川信一・金井嘉宏・岡島 義訳

この本では「不安」を排除しようとするのではなく、自分で管理をしながらコントロールし、上手く付き合えるようになることを目指す。そのために、認知行動療法の研究と実践の成果に基づき、そこで行われているさまざまな専門的治療法を、生活の中に体系的な練習として組み込んでいけるようワークブック形式で伝授する。
B5判/p.300/本体3,600円+税 /ISBN978-4-7724-1338-1〔2013〕

マインドフルネス・ストレス低減法ワークブック

ボブ・スタール,エリシャ・ゴールドステイン著/家接哲次訳

マインドフルネスの先駆者ジョン・カバットジンのプログラムを発展させた本書のプログラムは,「マインドフルネス呼吸法」と「ボディスキャン」(身体へのマインドフルネス)をベースに,「静座瞑想」(心静かに流れゆく体験に意識を向ける)と「ヨーガ」(身体を使ったマインドフルネス練習)を学べるように設計されている。
B5判/p.240/本体2,900円+税 /ISBN978-4-7724-1330-5〔2013〕

認知行動療法・薬物療法併用ガイドブック
エビデンスベイスト・アプローチ

ドナ・M・スダック著/貝谷久宣監訳

本書は,精神医学の薬物療法にも認知行動療法にも長けた人ではないと書くことのできない内容がちりばめられており,臨床の第一線で活躍する医師,心理士,看護師などの医療スタッフの指導書として重宝なガイドブックとなるであろう。

A5判/p.270/本体3,800円+税 /ISBN978-4-7724-1329-9〔2013〕

CRAFT ひきこもりの家族支援ワークブック
若者がやる気になるために家族ができること

境 泉洋・野中俊介著

全8回のプログラムを通して,ひきこもりのメカニズムを正しく理解し,コミュニケーションや問題解決の技法を家族に具体的に教えていくことで,家族関係の改善を促し,若者と社会をつなぐことができる。認知行動療法の技法を応用した,ひきこもりの若者支援に有効な治療プログラム。
A5判/p.200/本体2,800円+税 /ISBN978-4-7724-1324-4〔2013〕

認知行動療法を活用した
子どもの教室マネジメント
社会性と自尊感情を高めるためのガイドブック

ウェブスター・ストラットン

佐藤正二,佐藤容子監訳

子どもの自尊感情を高め,やる気を引き出すテクニックが満載! 本書は,年少の子ども(3〜10歳)を担当する教師を念頭において書かれたものであり,そのためのツールとして,社会的スキル,怒りマネジメント,問題解決を教えるためのカリキュラム活動,ゲーム,台本などが具体的に示されている。

B5判/p.266/本体2,900円+税 /ISBN978-4-7724-1314-5〔2013〕

スキーマモード・セラピー
チェ・ヨンフィ(崔永熙)の統合心理療法から

チェ・ヨンフィ(崔永熙)著/福井 至,
日本行動療法学会第37回大会・第35回研修会準備委員会監訳

現在活性化しているスキーマ(中核的な信念)に焦点をあてたアプローチを,J・ヤング,A・ベック,P・リバーマンらの薫陶を受けた著者がワークショップの記録をもとにわかりやすく解説。

A5判/176p./本体2,800円+税 /ISBN978-4-7724-1290-2〔2013〕

認知行動療法臨床ガイド

D・ウエストブルック,H・ケナリー,J・カーク著
下山晴彦監訳

認知行動療法の理論と技法をわかりやすく交通整理した臨床ガイドブック。確かな治療効果のエビデンスに支えられてハイクラスの臨床家たちが築き上げた認知行動療法の正しい型を,臨床場面でのワンポイント・アドバイスを取り入れながら提供する。
B5判/420p./本体5,200円+税 /ISBN978-4-7724-1271-1〔2012〕

成人のADHDに対する認知行動療法

J・R・ラムゼイ,A・L・ロスタン著
武田俊信,坂野雄二監訳/武田俊信,金澤潤一郎訳

本書は,ADHDを抱えている成人の,@日常の困難とAその治療法,さらにはBその治療法の根拠の検証とC症例呈示,D治療過程の問題点,E治療終結後のサポートまでを順に追って説明する。

A5判/p.250/本体3,600円+税 /ISBN978-4-7724-1259-9〔2012〕

図説 認知行動療法ステップアップ・ガイド
治療と予防への応用

福井 至編著

 本書で特筆すべきは,著者考案によるカードを使った,実施法の紹介やコンピュータを使ったバーチャル・リアリティ・エクスポージャーなど新しい認知行動療法の臨床応用を紹介していることである。恐怖症へのEMDRとエクスポージャー法との併用など,CBTの具体的応用を目指したガイドとなっている。
A5判/p.280/本体3,800円+税 /ISBN978-4-7724-1227-8〔2011〕

認知行動療法の基礎

坂野雄二著

著者は,認知行動療法を,いま抱えている直面の問題の解決だけではなく,人に頼らなくても自立して問題解決をすることのできる「武器」として生活の中で身につけてもらうことを目指す。本書は,著者と認知行動療法の出会いから,常に第一線で認知行動療法に携わってきた著者の軌跡である。
A5判/p.184/本体2,800円+税 /ISBN978-4-7724-1218-6〔2011〕

Challenge the CBTシリーズ
認知行動療法を身につける
グループとセルフヘルプのためのCBTトレーナーガイドブック

伊藤絵美,石垣琢麿監修/大島郁葉,安元万佑子著

CBTは手軽にポジティブ思考を育んで短期間に「うつ」や「不安」を治すツールという誤解を払拭し,再発を予防するストレスマネジメントと自己理解によるセルフヘルプという,CBTの真実を提案する。クライエント個々のニーズに応じたオーダーメイド式CBT。
B5判/208p./本体2,800円+税 /ISBN978-4-7724-1205-6〔2011〕

認知行動療法を学ぶ

下山晴彦編

日本の認知行動療法の第一人者たちによってつづられた本書の18講義からは,まるで著名臨床家の実際のワークショップに出席して講義を聴講するように,認知行動療法の全体像と個別事例への実践方法を理解することができる。
A5判/348p./本体3,600円+税 /ISBN978-4-7724-1187-5〔2011〕

Challenge the CBTシリーズ
統合失調症を理解し支援するための認知行動療法

D・ファウラー,P・ガレティ,E・カイパース著/
石垣琢麿・丹野義彦監訳/東京駒場CBT研究会訳

患者の問題を精査する構造的アセスメント,個々の患者に適したケースフォーミュレーション,患者のニーズに即した支援テクニック―この三位一体により認知行動療法は,それぞれの患者に適したオーダーメイドの治療法となる。統合失調症治療を根本から考え抜くための認知行動療法論。
A5判/264p./本体3,600円+税 /ISBN978-4-7724-1179-0〔2011〕

対人援助職のための認知・行動療法
マニュアルから抜け出したい臨床家の道具箱

原井宏明著

本書は,著者が臨床現場からフィードバックした多くのスキルを詳細な事例を交えてわかりやすく解説したものである。行動療法,認知行動療法を臨床現場で使うための恰好の手引き書。
A5判/260p./本体3,500円+税 /ISBN978-4-7724-1165-3〔2010〕

子どもと若者のための
認知行動療法実践セミナー
上手に考え,気分はスッキリ

松丸未来,下山晴彦,ポール・スタラード著

好評の『子どもと若者のための認知行動療法ワークブック』+『子どもと若者のための認知行動療法ガイドブック』(金剛出版)が、もっとわかりやすく・使いやすくなるためのシリーズ続篇。認知行動療法を学ぼうとする初学者にも,技術に磨きをかけたいベテランにもおすすめの一冊!
B5判/p.200/本体2,600円+税 /ISBN978-4-7724-1159-2〔2010〕

山上敏子の行動療法講義with東大・下山研究室

山上敏子,下山晴彦著

本書は行動療法の大家・山上敏子が、「方法としての行動療法」の理念と実践方法について,臨床経験から導かれた事例を援用しつつ臨床の楽しさとともに語った,若手臨床家のための実践本位・東大講義!
A5判/p.300/本体2,800円+税 /ISBN978-4-7724-1157-8〔2010〕

不眠の医療と心理援助

大川匡子,三島和夫,宗澤岳史編

ストレス,うつ病,不安障害,生活習慣病のトリガーとなりうる不眠治療には,睡眠障害の医学的理解や薬物療法の理解が精神科医に求められると同時に,コメディカル・スタッフには認知行動療法を代表とする心理療法の施行が期待される。医学領域と心理領域の協働によって成功する不眠治療にかかわる対人援助者必携書。
A5判/p.224/本体3,600円+税 /ISBN978-4-7724-1147-9〔2010〕

パーソナリティ障害の認知療法
スキーマ・フォーカスト・アプローチ

J・E・ヤング著
福井 至,貝谷久宣,不安・抑うつ臨床研究会監訳

スキーマ・フォーカスト・アプローチは,治療困難なパーソナリティ障害,慢性的な不安,抑うつの患者に有効な統合的アプローチである。巻末には治療を効果的に進めるために必要な「ヤング・スキーマ質問紙(YSQ)」ほか数々の質問紙すべてを収録。
A5判/p.152/本体2,600円+税 /ISBN978-4-7724-1086-1〔2009〕

弁証法的行動療法ワークブック
あなたの情動をコントロールするために

スコット・スプラドリン著
斎藤富由起訳

思春期以降の幅広い層を対象とする「弁証法的アプローチによる情動のセルフ・コントロールの書」。具体的な場面を想定したアクシデントへ対処法,書きこみ式ワークシート,さらに監訳者による本書の正しい使用法の解説を付す。
B5判/p.200/本体2,800円+税 /ISBN978-4-7724-1064-9〔2009〕

認知療法の技法と実践
精神療法の接点を探って

大野 裕著

精神分析的治療から統合的治療の中における認知療法へと到達した著者の精神療法経験を集大成。第Ⅰ部で,認知療法・認知行動療法の理論的基礎を解説し,第Ⅱ部では,うつ病,パニック,強迫性障害,パーソナリティ障害,社会不安障害,身体表現性障害,対象喪失への臨床的応用の実際について述べる。
A5判/p.272/本体3,600円+税 /ISBN978-4-7724-1052-6〔2008〕

認知行動療法と構成主義心理療法
理論・研究そして実践

マイケル・J・マホーニー編
根建金男,菅村玄二,勝倉りえこ監訳

編者マホーニーをはじめ,エリス,マイケンバウム,ベック,ニーマイアー等,錚々たる執筆者が,論理情動療法,認知療法,問題解決療法,ナラティヴ・セラピーといった基本的な認知行動療法と構成主義心理療法を論じる。認知行動療法と構成主義心理療法の融合への道を探る一冊。
A5判/p.256/本体3,600円+税 /ISBN978-4-7724-1051-9〔2008〕

スキーマ療法
パーソナリティの問題に対する統合的認知行動療法アプローチ

J・E・ヤング,J・S・クロスコ,M・E・ウェイシャー著
伊藤絵美監訳

スキーマ療法は,体験療法やゲシュタルト療法,精神力動的な方法といったさまざまな心理療法を加え,基礎的な心理学の知見をも加味して生まれた統合的な認知行動療法アプローチである。境界性パーソナリティ障害や自己愛性パーソナリティ障害をはじめとするパーソナリティの問題をケアしていく,スキーマ療法の全貌を述べる。
A5判/p.488/本体6,600円+税 /ISBN978-4-7724-1046-5〔2008〕

弁証法的行動療法
思春期患者のための自殺予防マニュアル

A・L・ミラー,J・H・レイサス,M・M・リネハン著
高橋祥友訳

 本書は,思春期自傷行為や自殺行動にとくに効果のある「弁証法的行動療法(DBT)」についての最新の解説書(技法マニュアル)である。自傷と自殺だけでなく,境界性パーソナリティ障害,うつ病,薬物乱用,摂食障害,行為障害,不安障害等,さまざまな問題を抱えた思春期患者に応用可能な治療プログラムが詳しく紹介されている。
A5判/p.480/本体6,500円+税 /ISBN978-4-7724-1016-8〔2008〕

弁証法的行動療法実践マニュアル
境界性パーソナリティ障害への新しいアプローチ

マーシャ・M・リネハン著
小野和哉監訳

境界性パーソナリティ障害に有効な治療法として注目を集める弁証法的行動療法の考え方とその治療のすすめ方を,開発者リネハン自身が段階を追って具体的に解説した極めて実用的な1冊。患者に配る宿題シートや資料といった豊富なワークシートを付す。
A5判/p.300/本体4,200円+税 /ISBN978-4-7724-0986-5〔2007〕

認知行動療法
理論から実践的活用まで


下山晴彦編

なぜいま認知行動療法なのか。本書では認知行動療法の発展の歴史と最近の動向を概観した上で,実際に適用する際の技法の基本を示す。さらにさまざまな障害や対象にむけての具体的なプログラムを紹介することで,その実効性ある介入の実際を明らかにし,理論と実践の橋渡しをする1冊。
A5判/p.252/本体3,200円+税 /ISBN978-4-7724-0983-4〔2007〕

機能分析心理療法
徹底的行動主義の果て,精神分析と行動療法の架け橋

R・J・コーレンバーグ,M・サイ著
大河内浩人監訳

FAPは,「第三世代の行動療法」の中心的存在であり,精神分析と最新の行動療法との間隙を埋めるユニークなアプローチでもある。FAPの創始者が自ら書き下ろした,最初の本格的な理論書であり詳細な治療マニュアルガイドライン。
A5判/p.250/本体3,800円+税 /ISBN978-4-7724-0976-6〔2007〕

子どもと若者のための
認知行動療法ガイドブック
上手に考え,気分はスッキリ

ポール・スタラード著
下山晴彦訳

イメージやリラクゼーション技法,お話作りなど子どもに向いた技法をパッケージングした,子どもから思春期のためのCBT。子どもの特性,背景にある理論,臨床場面で使用できるワークシート,「親訓練プログラム」の詳しい解説などを加え,より包括的な援助ができる。
B5判/p.190/本体2,600円+税 /ISBN978-4-7724-1034-2〔2008〕

子どもと若者のための
認知行動療法ワークブック
上手に考え,気分はスッキリ

ポール・スタラード著
下山晴彦監訳

実際に子どもや若者がそこに絵や文字を書き込むことで,自分の気持ち,認知,行動をつかみ,その関連性を理解し,感情や行動をコントロールする練習ができるように工夫されたワークブック。個人面接だけでなく,教室などのグループを対象とした心理教育や予防活動などにも幅広く応用できる。
B5判/p.212/本体2,600円+税 /ISBN978-4-7724-0927-8〔2006〕

強迫性障害の行動療法

飯倉康郎編著

曝露反応妨害法を中心とした行動療法は,薬物療法とともに強迫性障害の第一選択の治療法として確立されている。20数年にわたって強迫性障害への行動療法の適用を模索してきた著者らが,長年の実践で培ってきた技術をまとめ,より理解しやすいよう図表を多用して,その詳細についてきわめて具体的かつ丁寧に解説。
A5判/p.260/本体3,800円+税 /ISBN978-4-7724-0858-5〔2005〕
臨床心理学レクチャー

認知行動療法入門
短期療法の観点から

B・カーウェン,S・パーマー,P・ルデル著

下山晴彦監訳

本書は,心理援助の専門活動に関わる人々のための認知行動療法の入門書であり,それを短期に応用するための実践書でもある。限られた時間の中でクライエントの負担を最小限に抑え,最大限の効果を短時間で達成するためのさまざまな方略や技法,介入の進め方の具体的なガイドラインを詳述。
A5判/p.246/本体3,200円+税 /ISBN978-4-7724-0852-3〔2004〕

認知療法臨床ハンドブック

A・フリーマン,J・プレッツァー,B・フレミング,K・M・サイモン著
高橋祥友訳

認知療法面接の構造,原則から臨床評価,うつ病,不安障害,自殺行動,人格障害への治療方針,特別な技法を具体例を通して解説,ペンシルバニア大学認知療法センターにおける最新の臨床研究の成果をここに公開するものである。実践のための「認知療法尺度」も収載した。
A5判/p.460/本体7,300円+税 /ISBN978-4-7724-0421-1〔1993〕

PAGE TOP