ブリーフセラピー7

願いをかなえる自己催眠
人生に変化を引き起こす9つのツール

スティーブン・ランクトン著/上地明彦訳

伝説の催眠療法家ミルトン・エリクソンの一番弟子が練り上げた自己催眠技法集がついに上陸。アメリカ催眠療法学界・業界の重鎮で,メンタルヘルスの領域で催眠療法を用いて多くの患者を助けてきた著者による「抑うつの時代」のための自己啓発書です。
四六判/p.208/本体1,800円+税 /ISBN978-4-7724-1316-9〔2013〕

解決志向ブリーフセラピーハンドブック
エビデンスに基づく研究と実践

C・フランクリン,T・S・トラッパー,
W・J・ジンジャーリッチ,E・E・マクコラム編
長谷川啓三,生田倫子,日本ブリーフセラピー協会編訳

本書は今やあらゆる臨床領域に広がったソリューション・フォーカスの実践について、その指針と効果研究の全てを網羅したハンドブックである。SFBTの集大成ともいえる本書は,エビデンスベイスの時代にセラピストが進むべき道を指し示し,臨床家に最良の実践的・学術的リソースを提供する。
A5判/p.450/本体5,200円+税 /ISBN978-4-7724-1334-3〔2013〕

解決のための面接技法[第4版] DVD付属
ソリューション・フォーカストアプローチの手引き

P・ディヤング,I・K・バーグ著
桐田弘江,玉真慎子,住谷祐子訳

本書は,解決構築特有の質問を文脈に応じて適用するために,援助者が身につけておくべき基本的な形式を網羅し,クライアントの解決の構築に向けて繰り返し学習できるよう構成された最良の実践書である。面接場面の理解を助けるDVD付。
B5判/p.430/本体6,000円+税 /ISBN978-4-7724-1464-7〔2016〕

ミルトン・エリクソンの催眠の現実
臨床催眠と間接暗示の手引き

M・H・エリクソン,E・L・ロッシ,S・I・ロッシ著/横井勝美訳

ミルトン・エリクソンによる催眠セッションの逐語録に解説を加えた,催眠暗示テクニックを使った催眠誘導を学習するための最も優れた手引き。「ユーティライゼーション」,「自明の理」,「リカピテュレーション」などの重要なキーワードを手がかりに,エリクソンの催眠ワークの全貌を余すところなく描き出す。
A5判/p.368/本体5,400円+税 /ISBN978-4-7724-1491-3〔2016〕

催眠をはじめるときに知っておきたかった101のこと

D・ユーウィン著/福井義一訳

「最初の誘導はダブルバインドで」「インテークの質問はGoogleみたいなもの」「一度に一つの質問」「笑いは免疫を強くする」「患者さん自身の言葉を使う」など,催眠テクニックがぐっと上達するヒントが満載の催眠実践ガイド!

A5判/p.240/本体2,600円+税 /ISBN978-4-7724-1526-2〔2016〕

ミルトン・エリクソンの催眠の経験
変性状態への治療的アプローチ

M・H・エリクソン,E・L・ロッシ著
横井勝美著

ミルトン・エリクソンとその高弟アーネスト・ロッシによる,催眠療法のエッセンスを伝える三部作の第二弾。前著『ミルトン・エリクソンの催眠の現実』に続いて,催眠テクニックの応用の実際から,催眠療法の創造的なプロセスを達成する方法を深めていく。

A5判/p.316/本体5,400円+税 /ISBN978-4-7724-1558-3〔2017〕