雑誌1・精神療法

精神療法

●B5判 100頁 年6回偶数月発行
●本体1,800円+税
●第39巻第1号より,価格が本体2,000円+税に変更となります
●定期購読のお申し込みは,何巻何号よりとご指定ください。
●全国書店・生協を通じても定期購読ができます。(版元定期・書籍扱いと書店にお伝えください)
□既刊特集テーマ

第43巻

Vol.43 No.2 退行と精神療法−「退行」の視点から人間〜臨床を考える
Vol.43 No.1 サイコメトリー(Psychometry)の治療的利用

第42巻

Vol.42 No.6 貧困への統合的短期型ソーシャルワーク
Vol.42 No.5 ストレスチェック時代のストレスマネジメント
Vol.42 No.4 マインドフルネスを考える,実践する
増刊第3号 精神療法を教え伝える、そして学び生かす
Vol.42 No.3 精神分析の現在
Vol.42 No.2 統合的精神療法〈サイコセラピー〉の実践
Vol.42 No.1 セクシュアル・マイノリティ(LGBT)への理解と支援

第41巻

Vol.41 No.6 “睡眠−精神療法学”入門−「眠り」を知って,臨床力をアップしよう!
Vol.41 No.5 精神療法における治療者の心性
Vol.41 No.4 自閉症スペクトラム障害の臨床を問う−見失われた精神療法的視点
増刊第2号 現代の病態に対する〈私の〉精神療法
Vol.41 No.3 傷つきやすい自己愛をめぐって−その理解と対応
Vol.41 No.2 子どもと若者のための認知行動療法
Vol.41 No.1 暴力を振るう人々(加害者)に対する精神療法―さまざまな領域における取り組み

第40巻

Vol.40 No.6 精神療法における言葉の技術
Vol.40 No.5 医療現場での家族・夫婦アプローチ
Vol.40 No.4 子どもたちは変わったか?
増刊第1号 先達から学ぶ精神療法の世界−著者との対話への招待
Vol.40 No.3 日常臨床における力動的精神療法の意義
Vol.40 No.2 アウトリーチとソーシャルサポート―前面から接近困難なら側面から関わろう
Vol.40 No.1 精神療法の未来―これからの地図を描く

第39巻

Vol.39 No.6 二つの受容(アクセプタンス)をめぐって―それぞれの精神療法の立場から
Vol.39 No.5 ケースカンファレンスの理論と実際
Vol.39 No.4 認知行動療法をめぐる対話―これからの精神療法について語り合う往復書簡
Vol.39 No.3 自閉症スペクトラム障害の人々への誤解と偏見
Vol.39 No.2 精神療法の発展と時代精神の変化
Vol.39 No.1 精神療法の適応―話題の治療技法を中心に

第38巻

Vol.38 No.6 セラピストの資格−その現状と必要条件
Vol.38 No.5 スポーツ臨床の現在
Vol.38 No.4 「あいまいな喪失」をめぐって―医療・保健・心理・福祉領域における援助と
支援において

Vol.38 No.3 自己破壊的行動―多角的理解のために
Vol.38 No.2 現代思春期・青年期論2012
Vol.38 No.1 喪失の精神療法―回復のプロセスを中心に

第37巻

▲Top

Vol.37 No.6 家族・夫婦面接をもつことの意義―日常臨床から
Vol.37 No.5 DSM診断体系の功罪―操作的診断は精神科臨床に何をもたらしたのか―
Vol.37 No.4 対人恐怖・社交恐怖の臨床2
Vol.37 No.3 対人恐怖・社交恐怖の臨床1
Vol.37 No.2 自閉症スペクトラム障害の学生相談
Vol.37 No.1 認知行動療法の最前線

第36巻

▲Top

Vol.36 No.6 精神病理学と精神療法
Vol.36 No.5 難治性うつ病―見立てと精神療法的取り組み―
Vol.36 No.4 初回面接
Vol.36 No.3 精神療法家・心理療法家の養成と訓練
Vol.36 No.2 ストレスケア病棟と精神療法
Vol.36 No.1 精神療法の治療作用―その今日的特性―

第35巻

▲Top

Vol.35 No.6 強迫性障害臨床の現在2
Vol.35 No.5 強迫性障害臨床の現在1
Vol.35 No.4 薬物療法と精神療法
Vol.35 No.3 自閉症スペクトラムの人々の就労問題
Vol.35 No.2 解離とその治療(品切)
Vol.35 No.1 家族の歴史を治療に活かす

第34巻

▲Top

Vol.34 No.6 精神療法と現代の母性
Vol.34 No.5 表現療法の可能性
Vol.34 No.4 精神科リハビリテーションと精神療法
Vol.34 No.3 少年犯罪・非行と精神療法・その2
Vol.34 No.2 少年犯罪・非行と精神療法・その1
Vol.34 No.1 障害者自立支援法と精神療法―保健・医療・福祉からの提言―

第33巻

▲Top

Vol.33 No.6 精神科外来クリニック―精神療法最前線―
Vol.33 No.5 大学生のメンタルヘルスと学生相談(品切)
Vol.33 No.4 アスペルガー症候群
Vol.33 No.3 自己愛性障害の精神療法
Vol.33 No.2 トラウマの精神療法
Vol.33 No.1 精神療法・心理療法の統合

第32巻

▲Top

Vol.32 No.6 臨床の知――21世紀への提言――
Vol.32 No.5 自殺予防
Vol.32 No.4 親面接・親相談再考
Vol.32 No.3 うつ病態の精神療法(品切)
Vol.32 No.2 高齢者の心理的援助
Vol.32 No.1 特別支援教育と心理的援助――軽度発達障害とのかかわり――(品切)

第31巻

▲Top

Vol.31 No.6 芸術・表現療法の現状と問題点
Vol.31 No.5 クライエントの尊厳と理解――ソーシャルワークの視点から――
Vol.31 No.4 グループワークと集団精神療法
Vol.31 No.3 自傷をめぐる精神療法
Vol.31 No.2 ジェンダー・センシティブ・サイコセラピー
Vol.31 No.1 統合失調症の精神療法

第30巻

▲Top

Vol.30 No.6 認知-行動療法の実践的活用
Vol.30 No.5 産業精神保健と精神療法
Vol.30 No.4 病の意味
Vol.30 No.3 回避と攻撃――子どものこころと支援――
Vol.30 No.2 重症境界性人格障害の多種性と治療(品切)
Vol.30 No.1 東洋思想と精神療法・精神病理

第29巻

▲Top

Vol.29 No.6 治療の場と精神療法――治療空間とその治療特性――
Vol.29 No.5 母子臨床――乳幼児期の精神療法――
Vol.29 No.4 境界性人格障害治療の現在・2(品切)
Vol.29 No.3 境界性人格障害治療の現在・1(品切)
Vol.29 No.2 非対面精神療法の展開と問題点
Vol.29 No.1 心理療法の概念を整理する(品切)

第28巻

▲Top

Vol.28 No.6 精神療法とセルフヘルプ・グループ
Vol.28 No.5 今日の強迫性障害治療をめぐって
Vol.28 No.4 学派を超えた精神療法・心理療法の基礎訓練(品切)
Vol.28 No.3 対人援助における協働(コラボレーション)
Vol.28 No.2 箱庭療法――現況と問題点・可能性――(品切)
Vol.28 No.1 奏効機序としての「知ること」

第27巻

▲Top

Vol.27 No.6 思春期の病態と精神療法
Vol.27 No.5 DSMの今日的意義
Vol.27 No.4 家族面接――技法と適用――(品切)
Vol.27 No.3 精神療法としつけ
Vol.27 No.2 中年の危機と精神療法
Vol.27 No.1 心理療法と物語

第26巻

▲Top

Vol.26 No.6 「ひきこもり」の精神療法(品切)
Vol.26 No.5 異文化のなかの精神療法(品切)
Vol.26 No.4 臨床現場における心理療法の工夫(品切)
Vol.26 No.3 ADHD(注意欠陥多動性障害)(品切)
Vol.26 No.2 精神療法・心理療法の訓練(品切)
Vol.26 No.1 これからの精神療法(品切)

第25巻

▲Top

Vol.25 No.6 児童虐待(品切)
Vol.25 No.5 変容する社会と精神療法(品切)
Vol.25 No.4 行動療法の動向(品切)
Vol.25 No.3 妄想と精神療法(品切)
Vol.25 No.2 ソーシャルワークと精神療法(品切)
Vol.25 No.1 心理検査と精神療法(品切)

第24巻

▲Top

Vol.24 No.6 治療のなかの治療者自身(品切)
Vol.24 No.5 集団精神療法の効果(品切)
Vol.24 No.4 外傷理論再考(品切)
Vol.24 No.3 精神療法の本質(品切)
Vol.24 No.2 スクールカウンセリング(品切)
Vol.24 No.1 人格障害の精神療法(品切)

第23巻

▲Top

Vol.23 No.6 高齢者の精神療法(品切)
Vol.23 No.5 サイコオンコロジー(品切)
Vol.23 No.4 ブリーフ・サイコセラピーとブリーフ・セラピー(品切)
Vol.23 No.3 子どもと暴力(品切)
Vol.23 No.2 精神療法の評価(品切)
Vol.23 No.1 うつ病の精神療法――最近の動向(品切)

第22巻

▲Top

Vol.22 No.6 パニック障害(品切)
Vol.22 No.5 親のメンタルヘルス(品切)
Vol.22 No.4 学校のメンタルヘルス(品切)
Vol.22 No.3 心身症の精神療法(品切)
Vol.22 No.2 精神療法における見立て(品切)
Vol.22 No.1 災害と子どものメンタルヘルス(品切)

第21巻

▲Top

Vol.21 No.6 多重人格(品切)
Vol.21 No.5 現代の父親(品切)
Vol.21 No.4 発達障害児の精神療法(品切)
Vol.21 No.3 ユングと現代の精神療法(品切)
Vol.21 No.2 青年期事例の研究――精神療法に何ができるか――(品切)
Vol.21 No.1 精神療法の文化的変容(品切)

PAGE TOP