オンデマンド2

増補新装版 悲劇の発生論 POD版

北山 修著

日常臨床を通して臨床家がどのように理論を形成してゆくか,本書は著者自身の自己分析の深まりとともに,土居の「甘え」理論,古沢−小此木の「阿闍世」論以降,日本語臨床研究におけるもっとも重要な貢献である。加えて巻末には,妙木浩之氏の詳細な解題を収録した。
A5判/p.246/本体4,000円+税 /ISBN978-4-7724-9006-2〔2013〕

摂食障害治療のこつ POD版

下坂幸三著

本書は摂食障害治療の第一人者として重症例・慢性例と取り組んできた著者が,おのずと到達したその治療の「こつ」を,余すところなく披瀝するものであり,摂食障害という病気に苦しむ本人と家族をともに援助するという視点から書かれた,実践的な臨床書である。
A5判/p.210/本体4,200円+税 /ISBN978-4-7724-9007-8〔2013〕

対人恐怖と社会不安障害 POD版
診断と治療の指針

笠原敏彦著

本書は,長年「対人恐怖」の治療に携わってきた著者が自らの臨床的研究の成果を集大成したものである。多彩な病態を呈する対人恐怖,社会不安障害の概念と診断を整理し,多くの症例をまじえながら,治療面接の進め方,薬物療法のコツが詳しく解説されている。
A5判/p.216/本体4,500円+税 /ISBN978-4-7724-9008-5〔2013〕

「甘え」理論と精神分析療法 POD版

土居健郎著

『「甘え」の構造』の著者の,その理論の基礎から最新の発展まで,30年にわたる思索の道程を示した諸論考がここに集成された。著者の真摯な姿勢から生まれた各論文は,すべての読者に豊かな示唆を与えてくれるものである。

A5判/p.208/本体3,800円+税 /ISBN978-4-7724-9009-2〔2013〕

遊戯療法と子どもの心的世界 POD版

弘中正美著

本書では,遊戯療法に関するあらゆる臨床的課題を網羅している。著者は,30年近くに及ぶ臨床経験を基に,遊戯療法の本質,「遊び」の治療的機能,子どもの重要な心的活動としての遊び等,遊戯療法が持つ諸特性を明らかにし,さらに心理療法一般に共通する原則的なエッセンスとして昇華させている。
A5判/p.228/本体4,200円+税 /ISBN978-4-7724-9010-8〔2014〕