オンデマンド4

ファントム空間論 POD版
分裂病の論理学的精神病理

安永 浩著

本書は安永浩の主著であり,統合失調症に関する独創的なファントム空間論が壮大に展開される。近年入手が困難であったが,この度リクエストに応えて待望の復刊となった。

A5判/p.346/本体8,000円+税 /ISBN978-4-7724-9017-7〔2014〕

新装版 フォーカシング入門マニュアル/ガイド・マニュアル

A・W・コーネル著/村瀬孝雄監訳
大澤美枝子訳/大澤美枝子,日笠摩子訳

フォーカシングを誰もが使えるように工夫された待望の手引書。このたび,多くの要望を受けて『フォーカシング入門マニュアル』と『フォーカシングガイド・マニュアル』を合本として再刊した。

A5判/p.342/本体4,200円+税 /ISBN978-4-7724-9018-4〔2014〕

精神障害リハビリテーション学 POD版

蜂矢英彦・岡上和雄監修/安西信雄*,池淵恵美,伊勢田堯,
岩崎晋也,江畑敬介,大島 巌,荻原喜茂,田中英樹*渡嘉敷暁,野中 猛*,松為信雄*,丸山 晋編(*編集代表)

本書は精神障害リハビリテーションについて,その考え方と枠組みを呈示し、対象者のニーズに対応した合理的かつ効果的な援助技法と治療・支援プログラムの全体像を示す。学生、初心者の学習に役立つことはもちろん,ベテランにとっても各人の実務経験が体系的に整理でき,実践の指針として役立つものになろう。
A5判/p.360/本体5,000円+税 /ISBN978-4-7724-9016-0〔2014〕

親子面接のすすめ方 POD版
子どもと親をつなぐ心理臨床

小俣和義著

子どもを対象とする心理臨床では,子ども自身が自発的に相談機関を訪れるのではなく,まず保護者が問題意識や不安を抱えて来談してくるケースが一般的である。本書は,親と子をつなぐことで相互の関係性をより客観的につかむことができるという有効性をもつ,「同一セラピスト親子並行面接」の技法についての解説書である。
A5判/p.210/本体3,200円+税 /ISBN978-4-7724-9020-7〔2015〕

精神科医のものの考え方 POD版
私の臨床経験から

安永 浩著

著者の理論をわかりやすく述べた「ファントム空間論入門」ともいうべきいくつかの諸論文と,「臨床は現場の技術である」という著者の持論が反映された臨床エッセイまで,目の前の現実(患者)から出発し,現場から生まれてきた明晰な知見が集められている。

A5判/p.232/本体4,800円+税 /ISBN978-4-7724-9021-4〔2015〕