家族画研究会編

臨床描画研究Ⅳ
特集 描画の臨床的活用

A5判/244頁/定価(本体3,200円+税) 1989年7月刊


ISBN978-4-7724-0319-1

[特集]描画の臨床的活用

特集にあたって:(榎坂病院・治療精神医学研究所)辻 悟
ロールシャッハ・テストと描画の併用:(上智大学)秋谷たつ子
色彩ピラミッド・テストと臨―テストに現れた色彩の性質と解釈について―:(日本大学医学部精神神経科)川久保芳彦
絵画療法における痴呆の早期発見:(大阪厚生年金病院神経精神科)林 幹夫・田中千足)
芸術療法における絵画療法の位置づけ―絵画療法の臨床への導入について―:(嬉野病院)中川保孝
絵画療法と表現心理学:(京都大学)山中康裕
描画状況における主体:(京都大学教養部)新宮一成
臨床における人物画と家族画の併用―描画テストの施行順位と提示順位―:(浜松医科大学精神神経科)石川 元

[特別寄稿]

父親の死について描かれた本―家族員の死とそれに取り組む遺族を援助するための予防としてのアートセラピー―:Maxine Junge/訳・解題(Loyola Marymount University)鈴木 恵

[研究論文]

問題行動をもつ子供の動的学校画の試み:(愛知県コロニー発達障害研究所)加藤孝正・(名古屋刑務所)小栗正幸・(岐阜市南保健所)神戸 誠・(岐阜県西濃児童相談所)水谷友則・(岐阜県精神保健センター)仲村正巳・(高井病院)小栗和子
非行臨床における家族療法と家族画:(大阪家庭裁判所堺支部)廣井亮一
九分割統合絵画法と家族画:(愛知医科大学心理学科)森谷寛之
小学校における動的家族画(K−F−D)の実際:(大阪市立十三小学校)植村徳治
入院中に異様な絵画を描き,その3日後に自殺を図ったうつ病の1症例―絵画からの考察―:(広島大学医学部神経精神医学教室)上西 清・中原俊夫・更井啓介
一分裂病児の家族画の変還―家族画の教えるところ―:(JR東京総合病院小児科)村山隆志