野中 猛・松為信雄編

精神障害者のための就労支援ガイドブック


A5判/256頁/定価(本体3,600円+税) 1998年2月刊


ISBN978-4-7724-0568-3

 ここ10年の間に,精神障害をもつ人々に対する社会復帰への支援,とりわけ就労に向けた支援に焦点をあてた論議と実践的な活動はその勢いを増しつつある。
 本書においては社会復帰への支援を,医療保健福祉の分野から,労働行政や職業リハビリテーションの分野に至る継続的な流れとして捉え,精神障害をもつ人々であってもさまざまな技術と工夫により,一般就労の道を開くことが可能であることを示している。そのために医療側と労働側双方の専門家が協働して,就労支援活動にあたる現場担当者,ソーシャルワーカー,保健婦の方々にとっての手引き書となるよう,最新の知識と実際的な技術をわかりやすく記述してある。
 「理論編」では精神分裂病を中心とした精神障害の特徴と,彼らにとっての働くことの意味を明らかにし,実践を進めるうえで基本となる概念や視点を,就労の実態とともに解説した。「実践編」では,医療・保健,労働行政,事業所それぞれの領域における活動の実際と課題をまとめた。「事例編」では,主要機関の活動を説明するとともに,具体的な内容を実践事例として呈示した。

主な目次

    第Ⅰ部 理論編

      精神障害をもつ人が働くことの意義・精神障害=の特徴 野中猛
      職業リハビリテーションをめぐる概念・職業.準備性 松為信雄
      職業評価法 野津眞
      就労の現状 舘暁夫
      個体条件と環境条件 八木原律子・寺谷隆子

    第Ⅱ部 実践編

      疾病の管理 中川正俊
      障害の理解・障害への対処 熊谷直樹
      医療側の就労準備訓練 山下清次
      社会資源の使い方 平賀昭信
      職業準備性の向上 相澤欽一
      実際的な職業能力評価 野中由彦
      仕事探し支援の実際 倉知延章
      職場定着支援の実際 加賀信寛
      事業所の立場と期待 金子鮎子
      復職・転職にかかわる問題 瀧 誠

    第Ⅲ部 事例編

      医療機関 浅井久栄
      デイケア 松本富美代
      社会復帰施設 佐々木優
      共同作業所 岩崎晋也
      保健所 須藤ゆかり
      公共職業安定所 中野英美
      障害者職業センター 川村宣輝
      障害者雇用支援センター 片岡卓示

    第Ⅳ部 付録

      Q & A 山口光晴・栗原浩之・三村卓巳/厚生行政・労働行政における支援体制/センター一覧