宮田敬一編

学校におけるブリーフセラピー

A5判/228頁/定価(本体3,400円+税) 1998年5月刊


ISBN978-4-7724-0580-5

 今日,不登校やいじめをはじめとして,非行,校内暴力,中途退学などの問題で,学校は大きな危機に直面している。この学校問題に対処するために,文部省の委託事業が1995年度より始まり,スクールカウンセラーが学校に派遣されるようになった。その中で,多くのカウンセラーの人たちが実感したことは,学校問題の対処にはこれまでの病院臨床における治療モデルとは異なるモデルが必要だということである。
 発達途上にある子どもにとって,学校での1年あるいは2年はとてつもなく大きな意味のある期間であり,たとえ問題が起きても短期間で解決することで子どもはたくましく成長する機会を得ることができる。そのために最も適した心理療法モデルの一つが,短期の効率的な治療をめざすブリーフセラピーである。ブリーフセラピーでは,人の病理ではなく健康な面,肯定面を重視し,また個人を越えた人と人の相互作用システムを考慮することで,来談への動機づけの低い人にも対処できるモデルでもある。
 本書は,ブリーフセラピーを効果的に学校問題に適用することを論じるにあたり,その考え方と技法の基本的な原則を教育現場でもスムーズに応用できるよう具体的かつ簡明に解説した上で,事例の提示により,実際の問題解決の過程についても詳述している。子どもたちの問題解決にかかわる教師や教育関係の人たち,またスクールカウンセラーやセラピストに直ちに役立つ指針を示すものである。

おもな目次

    総論

      ブリーフセラピーの学校への適用*宮田敬一

    第1部 ブリーフセラピーの基礎

      第1章 ブリーフセラピーのものの見方・考え方*森 俊夫
      第2章 子どもや親との関係作り*黒沢幸子
      第3章 質問を援助的に使う*遠山宜哉
      第4章 家族との接し方*白木孝二

    第2部 システム的見解の適用

      第1章 協同的学校システムのあり方*吉川 悟
      第2章 解決のシナリオ*磯貝希久子・原口葉一郎
      第3章 学校と公的機関の連携*尾崎信夫・児島達美

    第3部 ブリーフセラピーの実際―不登校・いじめへのアプローチ―

      第1章 家庭訪問の実際*菅原秀美
      第2章 教室復帰への援助の実際*高工弘貴
      第3章 学校へ通うことを援助する*鈴木かおり
      第4章 いじめへのコンサルテーション*衣斐哲臣
      第5章 いじめ行動の解決*村上雅彦・金丸慣美