シェリル・ホワイト/デイヴィッド・デンボロウ編集 小森康永監訳

ナラティヴ・セラピーの実践


A5判 280頁 定価(本体3,900円+税) 2000年1月刊


ISBN978-4-7724-0640-6

 医療人類学や社会心理学,文化人類学等を理論的背景に持つナラティヴ・セラピーは,近年急速に発展している心理的アプローチである。その治療スタンスは,クライエントのストーリーが構成される過程に注目し,その問題の解決をめざした相互の働きかけを治療的対話の重要な柱とするものである。
 本書には,ナラティヴ・セラピーの治療的多様性を存分に提示する論考が収録されている。治療の場における理解とは,クライエントと治療者の対話そのものである。クライエントそれぞれの「物語」を治療者がどう受けとめ,どう働きかけるのか,アノレキシアや性的虐待,悲哀の解決等,わかりやすく魅力的な事例が次々に詳述される。ナラティヴ・セラピーの考え方を身につけ,日常臨床において実践するための最新の指導書である。

おもな目次

関連書