高塚雄介編

人間関係と心の健康
心理臨床からの考察

A5判/212頁/定価(本体2,800円+税) 2000年4月刊


ISBN978-4-7724-0645-1

 心理臨床の領域とは,心の問題を理解し,心に悩みを持つ人々や障害のために実社会に適応できない人々を援助する,きわめて実際的な性格を持っている。
 近年心の専門職に対する関心が高まり,実際に職業として志す人々が増えている。また,言いしれぬ不安に悩む現代人は,切実に心の癒しを求めており,臨床心理学への期待は大きい。しかし,その重要性にもかかわらず心理臨床の実際の姿は,社会的に十分認知されたとは言えない。カウンセリングの実際場面についてもあまり知られていないのが現状である。
 臨床心理学は,理論的にも実際面においても,さまざまな領域を含んだ奥深い世界である。本書は,これから臨床心理学を学び,また興味を持って実際の専門職をめざそうとしている人々のために,人間の心の発達過程や現代社会と心の病の関係,心の健康を実現するためのサポートシステムや臨床場面の実際について,臨床経験豊かな執筆者が説明を試みたものである。初学者を対象とした「入門書」であり,臨床心理学の中核部分を理解するための手頃な手引きと言えよう。

おもな目次