林 幸司著

精神鑑定実践マニュアル
臨床から法廷まで

A5判 252頁 定価(本体4,200円+税) 2001年1月刊


ISBN978-4-7724-0678-9

 本書は「精神鑑定が空想や個人的時代観の発表舞台とされては困る」とする著者による,普遍的な鑑定作業の基本的知識とその方法を伝える実践的入門書である。
 本書において,臨床面では,精神分裂病や躁うつ病といった疾患別に責任能力について,数多くの文献を渉猟しつつ平易に解説が施され,そのうえで40件以上の鑑定事例を提示する構成がとられる。また,医療現場とは大きく異なる法廷場面で,いかに対応するべきかという面にも光が当てられ,鑑定書の書き方といった入門以外にも,著者が苦心して築き上げた法廷での証言マニュアルをよりわかりやすく,具体的に公開した。
 それらは,精神鑑定における本当に不可欠な知識を網羅したものであり,著者の鑑定哲学である《常識》が貫かれている。
 本書は,精神鑑定に携わる医療従事者だけでなく,法曹関係者も必携のものであろう。

おもな目次

関連書