酒井明夫・下地明友・宮西照夫・江口重幸編

文化精神医学序説
病い・物語・民族誌

A5判 250頁 定価(本体3,500円+税) 2001年2月刊


ISBN978-4-7724-0679-6

 20世紀後半,近代科学,そして医学は高度に発展を遂げた。しかし,その一方私たちは日常の臨床の場で,治療者と患者や家族間での臨床的リアリティのギャップに愕然とする。しかもそのギャップは深まる一方のように思われる。近代医療が内包するさまざまな問題点を真摯に受け止め,私たちが文化と心のフィールド・ワークの場で培ってきた知識を生かして,次代の医療文化を,そして精神医療を築く一つの歯車を動かす力となることを願って編み上げたのがこの一冊の本である。(本書「あとがき」より)

おもな目次