斎藤清二・岸本寛史著

ナラティブ・ベイスト・メディスンの実践

A5判 270頁 定価(本体4,200円+税) 2003年7月刊


ISBN978-4-7724-0788-5

 根拠にもとづいた医療(EBM)がより洗練された近代科学的な考え方を医学界に持ち込んで久しい。しかし,統計的な「エビデンス」が治療に役だつこともあれば,また,役だたぬこともある。統計的データの下では,目の前にいる患者も,数字の一つにすぎなくなる可能性があり,それは,多くの患者にとっても,また,治療者自身にとっても,不幸な出来事であろう。
 こうした状況を打破するために,EBMの研究者たちによって「ナラティブ・ベイスト・メディスン(NBM)」の概念は生み出され,本邦でも『ナラティブ・ベイスト・メディスン』の訳書刊行も行なわれるなど,医療領域のパラダイムを大きく変えようとしている。そうした変革期に,前掲書を監訳した二人の著者によって,より臨床に根ざしたNBMの実践のための本書が生み出された。
 本書は,NBMの基本的概念から,その使い方,そして,量的研究から,実際の臨床に益する質的研究方法への転換などを,研究者ではなく,あくまでも治療者の視点から,多くの事例をもとに語ったものである。「医療」とは,そもそもいったい何か? 「治療」「治す」ということは,いったい何を目的としているのか? 患者の幸福? 治療者の満足だろうか?――本書は,こういった本質的な問いに対する一つの解を与えるものであり,すべての治療者に必読のものとなるだろう。

おもな目次

      序文

    第1部 NBMを理解する

      第1章 ナラティブ・ベイスト・メディスンとは何か
        1.はじめに
        2.ナラティブとは何か?――視点としてのナラティブ
        3.「ナラティブ・モード」と「論理実証モード」
        4.ナラティブと構築主義
        5.基盤としてのナラティブ
        6.ナラティブの書き換えと変容
        7.ナラティブと構造
        8.NBMの登場
        9.NBMとEBM
        10.NBMの時代
      第2章 NBMにおける面接法
        1.話を聞く目的
        2.聞き方について
      第3章 NBMにおける研究法
        1.医学における研究法再考
        2.NBMの研究法
        3.対話(談話)分析法
        4.事例研究法(ケース・スタディ)
        5.狭義の質的研究法

    第2部 NBMを実践する

      第4章 対話分析
        A.対話分析とは
          1.生の言葉
          2.語りと関係性
          3.対話分析
          4.記録の問題
        B.陪席者の記録による対話分析
          1.事   例
          2.対話の提示
          3.対話の分析と考察
          コメント
        C.治療者の記憶に基づく記録による対話分析
          1.出会い
          2.初診の対話分析
          3.診断の問題
          コメント
      第5章 事例研究
        A.事例研究とは
          1.症例報告と事例研究
          2.方法論としての事例研究
          3.2種類の記載形式
          4.記載形式の問題
          5.事例記載の最近の動向
          6.研究としての要件
          7.事例提示にまつわる問題点
        B.NBMとEBMの統合的治療の実際―口腔内灼熱症候群の事例
          1.はじめに
          2.エビデンスの臨床への適用をめぐる認識論的問題
          3.事   例
          4.考   察
          コメント
        C.不安の意味論的分析
          1.語りに耳を傾ける
          2.無意識的翻訳
          3.意味論的分析
          4.「不安」の意味論的分析
          コメント
        D.語られざる物語りを聴きとる―心身症治療とナラティブ
          1.はじめに
          2.事例,S君
          3.治療者の物語り
          4.治療関係という物語り
          5.個人的な物語りと非個人的な物語り
          6.物語りの密やかな展開
          7.語られざる物語りを聴き取る:考察に代えて
          コメント
        E.イメージと語り
          1.絵画と語り
          2.絵画の展開
          3.考   察
          コメント
        F.いわゆる「慢性膵炎疑診例」における構造仮説継承型事例研究
          1.目   的
          2.背   景
          3.事例1:Wさんの事例
          4.事例1についての考察
          5.事例2:Zさんの事例
          6.事例2についての考察
          7.構造仮説継承型事例研究法の提唱
          8.後 日 談
          コメント