降籏志郎編著

軽度発達障害児の理解と支援
子どもと家族への実践的サポート

A5判 310頁 定価(本体2,800円+税) 2004年10月刊


ISBN978-4-7724-0839-4

 近年,ADHD,LD,アスペルガー症候群,高機能自閉症などの軽度発達障害に対する関心が高まっている。一見,理解されにくいためにこれまで長く見過ごされてきたが,軽度発達障害児への無理解が,不登校,虐待,いじめ,自傷行動などの問題に関連しているケースは少なくない。文科省は2003年「特別支援教育の在り方について」とする報告をまとめ,従来の特殊教育から特別支援教育への転換を打ち出した。これによって通常学級に在籍させ,地域における障害のある子どもを積極的に支援するといった提言が盛り込まれた。
 本書は,この障害に早くから取り組んできた編者らによって,軽度発達障害を正しく理解し,支援の輪を拡げる目的で編まれたものであり,学校や地域の養護施設で働く臨床家や家族のために軽度発達障害児への治療教育的な発達支援の実際を事例をあげてわかりやすく解説した実践的指導書である。特に現在緊急の対策が望まれている学校現場における具体的な支援と教育の進め方に重点を置き,また健診による障害の早期発見,地域で支えていくためのプログラム,さらに当事者からの論考までも収録した。
 心理臨床家,精神科医,教員,保育士,保健師等,軽度発達障害児にかかわるすべての専門職のために実地で役立つ多くの知見を提供するガイドブックである。

おもな目次

    序論――軽度発達障害児に理解を/降籏志郎
    1.軽度発達障害をもつ子どもたちの心を支える/木村宜子
    2.発達臨床心理学からみた軽度発達障害児の療育支援――感覚と運動の高次化の視点から/宇佐川浩
    3.落ち着きのない子どもたち――ADHDの治療/原田謙
    4.学習障害(LD)の診断/吉川領一
    5.アスペルガー症候群の診断と対応/木村宜子
    6.アスペルガー症候群および高機能広汎性発達障害のための援助/杉山登志郎
    7.これからの軽度発達障害児の教育の進め方――特にアスペルガー症候群および高機能自閉症の指導について/東條吉邦
    8.健診における広汎性発達障害,注意欠陥多動性障害の早期発見/斎藤久子
    9.教室の中での軽度発達障害児への対応と援助/水野薫
    10.学校におけるアスペルガー症候群と高機能自閉症/降籏志郎
    11.地域での集団活動による発達支援の実践から/安川健治
    12.当事者からのお願い――学校における高機能自閉症児への対応/落合みどり
    13.ライフサイクルに合わせた地域発達援助システムづくり/降籏志郎・石川道子

関連書