まえがき

 包括システムによる日本ロールシャッハ学会の設立10周年を記念して,学会企画として本書を出版できたことを心から嬉しく思っている。会員を代表してこれまでこの学会を支え,応援し,関わってくださった多くの会員,諸先生方に感謝申し上げたい。
 包括システムによる日本ロールシャッハ学会(Japan Rorschach Society for the Comprehensive System:略してJRSC)の生みの親は,ほかならぬJohn E. Exnerである。Exnerがロールシャッハのワークショップのために来日したのは1992年10月,小田原で開催した5日間の基礎講座がその最初であった。Exnerはそのときの参加者の生真面目さと学ぶ意欲に感動されたようである。1年後1993年にはIrving B. Weinerとともに再来日され,2日間の子どもと思春期のワークショップならびに3日間の解釈を学ぶワークショップが東京で行われた。そして,その年1993年の国際ロールシャッハ学会(International Rorschach Society:略してIRS)リスボン大会で,「包括システムによる日本ロールシャッハ学会」が30人未満の小団体で団体登録され,日本で認知されるより先に国際ロールシャッハ学会において産声をあげることとなった。1994年に「包括システムによる日本ロールシャッハ学会」設立総会を開催し,Weinerによる設立記念講演を行って学会が発足した。設立総会直後,会員数は100名あまりとなり,思えば最初から活発で勢いのある学会のスタートであった。1995年に第1回の学会大会を開催して以来2004年の第10回大会まで,年次大会を開催してきたが,1999年と2002年には再びExnerのワークショップおよび特別講演を学会の企画として提供することができた。本書は,この最後の2回のExner来日における本学会でのワークショップと特別講演の記録である。
 学会の企画として,これまでのExnerの記録を本にまとめようと考えたのには主に三つの理由がある。その一つは,Exner自身の事情にある。Exnerは現在,講座や講演などの教育現場からは完全に引退し,IRSでの活動とスイスにあるロールシャッハ・アーカイブス博物館の館長としての職務に専心されている。お住まいの,アメリカのノースキャロライナ州アシュビルから極東の東京はあまりにも遠く,再びこの日本の地で私たちのリクエストに応えて日本人のロールシャッハ・プロトコルを詳細に解釈して見せてくれるということは期待できなくなった。そのような現実を踏まえると,たびたびの来日でExnerが私たちに残してくれた解釈のお手本や特別講演は,どれもが,ヘルマン・ロールシャッハと現代をつなぐ架け橋となる内容だったことに気づいたのである。第二の理由はそこにある。2005年3月現在JRSCの会員は450名あまりになった。Exnerが残してくれたヘルマン・ロールシャッハと現代の私たちへの架け橋を,目に見える形にして残さなくてはあまりにももったいない。最後の理由は,ヘルマン・ロールシャッハ自身が1920年に自分の患者に施行したロールシャッハの事例を,80年以上経ってからExnerが発掘し,解釈をして現代に甦らせたという大変貴重な経験を残して共有せずにはおけないと考えたからである。当時へルマン・ロールシャッハは12枚一組の図版を使っていた。それを現行の10枚にするには無理があるし,ヘルマン・ロールシャッハのロールシャッハ記録は達筆なドイツ語で書かれており,その記録を英語に翻訳するのが一苦労だったようである。本文でExnerも触れているが,ドイツ語から英語に翻訳し,それをさらに日本語に翻訳しているという翻訳のプロセスだけでなく,1920年当時へルマン・ロールシャッハが『精神診断学』を完成する以前に試行錯誤しながらロールシャッハ法を編み出す中で残した記録を,現代の包括システムのコードに置き換えるには高度な判断を必要とすることが多かったようである。それらを考慮してもなお,現代に甦るヘルマン・ロールシャッハの「仕立て屋」のうつ病患者のケースは一読の価値がある。
 最後に本書に掲載した構造一覧表について技術的な注釈を加えたい。Exnerが来日した1999年と2002年の間,2000年に構造一覧表の改定があった。そのため,1999年の特別講演(第Ⅲ部)で参照した構造一覧表はExnerの提示した旧バージョンのままで掲載したが,1999年のワークショップで扱ったケース(第Ⅱ部第1章と第2章のケース)は,ほかのケースと同様に現行の構造一覧表に置き換えて提示した。いささかの混乱があるかもしれないが,旧バージョンと最新版の構造一覧表が入り乱れるのを避けたためであり,本書を読み進める上での不都合がないように注釈を適宜入れてある。
 本書が,Exnerの真意を伝える役割を果たし,包括システムの垣根を越えてヘルマン・ロールシャッハの意思を継ぐさまざまな研究者,臨床家,専門家,学生の方々にその真意が届くことを願っている。

2005年3月 包括システムによる日本ロールシャッハ学会 会長    中村紀子