中谷陽二著

司法精神医学と犯罪病理

A5版 256頁 定価(本体3,800円+税) 2005年6月刊


ISBN978-4-7724-0872-1

 2003年7月,触法精神障害者に対する施策の要として心神喪失者等医療観察法が公布され,これに先立つ2000年4月には従来の禁治産に代わる新しい成年後見制度がスタートした。現在,精神障害と法律をめぐる諸問題への関心がますます高まっている。
 本書は,司法精神医学をライフワークとしてきた著者が,精神鑑定の豊富な経験を踏まえて,犯罪病理,責任能力,触法精神障害者の治療,成年後見,薬物乱用,人格障害など多岐にわたるテーマを論じた集大成である。著者は,さまざまな施策に対して〈批判しつつコミットする〉という一貫した姿勢から,〈精神障害と犯罪〉に真正面から向き合うことを司法精神医学の原点に据え,本質を問う議論と実態に即した現実的対策を提案している。
 新たな司法精神医学の構築をめざす刺激的な論集であり,精神医学のみならず,法律学,臨床心理学など,犯罪問題に関わる領域の人々に多くの示唆を与えるであろう。

おもな目次

第Ⅰ部 触法精神障害者と医療

    恐怖のイメージが独り歩きする――実態を見据えた対策を
    医療の視点からみた触法精神障害者問題
    触法精神障害者対策――イタリア,フランスとの比較から

第Ⅱ部 犯罪病理

    特異な宗教妄想による殺人未遂の1例
    双極型躁うつ病の躁状態における殺人未遂の1例
    うつ病者の破壊的行動――子殺し再考
    ガンゼル症候群――文献例と自験例から
    空想虚言の構造
    病的放火とピロマニア

第Ⅲ部 精神鑑定

    精神障害者の責任能力の診断学
    訴訟能力をめぐる諸問題
    成年後見制度と精神医学――歴史と背景

第Ⅳ部 薬物乱用と犯罪

    覚せい剤精神病のせん妄と錯乱――症候学的検討
    薬物依存者による薬局強盗の1例――メチルフェニデートの作用を中心に
    有機溶剤依存者による強盗殺人の鑑定――なぜ供述は変ったか

第Ⅴ部 人格障害・多重人格と犯罪

    多重人格と犯罪――米国における最近の動向
    多重人格に関する懐疑論
    精神医学は「悪」をどう理解したか――人格と反社会性に関する批判的考察