村瀬嘉代子・津川律子編

電話相談の考え方とその実践

A5判 192頁 定価(本体2,800円+税) 2005年9月刊


ISBN978-4-7724-0887-5

 社会にとって電話相談は重要な資源の一つであるが,こころの援助分野の電話相談において,聞き手(援助者側)は何をすべきなのだろうか。本書は,村瀬嘉代子,津川律子を中心に,「いのちの電話」や被害者・被災者支援,産業臨床,子育て支援など電話相談の世界で実践を重ねている筆者らによって著された,電話相談者のための実際的で具体的なリーディング・テキストである。
 電話相談は個人面接に比べて,簡易なものと思われがちである。しかし,実際のところの電話相談は,虚空に消えてゆきそうな声だけを頼りにしたもっとも繊細な心理的援助場面の一つであり,傾聴やアセスメントといった総合的臨床能力が問われる場でもある。こうした援助者側の課題や電話相談に関する長年の実践例,援助者への研修・教育方法などがまとめられた本書は,電話相談にかかわる心理援助職やボランティアらに本当に必要な一冊となるであろう。

おもな目次