紹  介

松木邦裕

 冒頭に本書の特徴を述べておくことは,いま本書を手に取って,読んでみようかと思案し始められた方の採否の判断を早くもたらすという点で好ましいと思われます。ゆえに,そこから始めましょう。

 本書は,治療実践のための書です。実際に摂食障害の治療にかかわっておられる方は体験的にご存知であろうと思いますが,摂食障害への多様な治療法をたいていの場合異なる筆者が列記した,いわゆるガイドライン的書物は今日両手にあまるほど多く出版されています。だがそれにもかかわらず,それらの書物は摂食障害をあまり知らない方にはいくらかの頭の整理にはなっても,その方たちにとっても治療の実践にはまったく役に立たないものです。
 なぜなら,もともと慢性経過をとるパーソナリティの病である摂食障害は,限られた期間での限られた症状への対応や,こころの問題に十分に深く目を向けることなく,治療の多手技を安易に織り交ぜた治療対応では決してよくならないからです。もちろん,形式だけの治療プログラムを一通り通過しただけで治るということが起こるはずもありません。
 もうひとつ指摘しておきたいことは,精神医療や心身医療の今日の傾向として,「エビデンス・ベースト・メディスン」という標章のもとに浅薄な診断基準や症状評価基準が作成され,その結果,実際には治療や援助できていないものをあたかも改善しているかのように判断するあやまちがはびこり始めています。本書に記載していますように,摂食の問題として受診してきたとしても,その精神病理をきちんと把握しないことには適切な治療への手立ては見出せません。また,中核的な摂食障害にしても,拒食,過食といった表層の症状で断片的にとらえることでは,治療は表面をなでるだけで終わってしまいます。摂食障害はパースンの病であり,つまりパーソナリティの病なのですから,その精神病理を精密に見立てることは必須なのです。
 おそらく,多くの臨床家は,これらの診断や治療対応,手技に内心不満を抱き続けておられるのではないでしょうか。

 本書の特徴は,摂食障害をみる確固とした視点と確固とした対応による治療が描き出されているところにあります。すなわち精神分析的視点とその手技を備えた治療者たちによって,摂食障害の治療の実際がここに描き出されているのです。
 ところで精神分析的視点や技法と言っても,今日ではその考えや技法に大きな幅があるのが実情です。さまざまな立場の精神分析的アプローチが集められた著書もすでに出版されています。これもまた同じ用語が違う意味で述べられていたり,アプローチ間の矛盾があったりするため,精神分析的な方法を摂食障害の臨床に活用したい治療関係者を往々にとまどわせるものです。さらに困ったことは,ほんとうには分析治療的に没頭したことがないにもかかわらず精神分析の既成の理論だけを借りて摂食障害を心理発達的に,もしくは社会文化的にそれらしく説明はしても,実際の治療的な技法は何ももたらさない精神分析の引用書があることです。
 しかるに本書は一貫して,精神分析的対象関係論に基づいた理解とアプローチが示されています。ゆえに読者は本書を熟読することによって,摂食障害についての対象関係論的アプローチの成果や工夫,その限界や問題点をつかむことができるでしょう。
 今日のいかなる治療法もあらゆる摂食障害を完璧に治すことは,もちろんできません。当然ながら,対象関係論に基づいたアプローチも例外ではありません。しかし読者はここに提示されている理解やアプローチから,治療の困難さのありようやそれらの打開の苦闘と方策,さらには治療者たちが常に努力を重ねているなかで治療的達成も見られることを知るでしょうし,読者がどのような臨床姿勢をとっているとしても,みずからの臨床を振り返るひとつの鏡として,本書をポジティヴにもネガティヴにも活用できるでしょう。
 本書のもうひとつの特徴は精神分析的視点が導入されていることと無関係ではありません。表面的な診断で摂食障害とされてしまっている病者の治療を混在させず,かつて「思春期やせ症」と言われており,近年過食,嘔吐や下剤濫用をともなうようになった自己アイデンティティを賭けた「やせ希求」を続ける中核的な摂食障害に限定して治療アプローチを示していることです。そしてさらには,私たちの臨床経験から中核的な摂食障害の病因を,パーソナリティの自己愛的障害に明確に位置づけていることであり,ゆえにこの病が生涯におよぶ難治なものであると認識していることです。
 私たちはこの中核的な摂食障害という病をまったく楽観視していません。いやむしろ身もこころも,一生を偽った生き方で送ることになる,言わばこころを「やせ希求」の牢獄に閉じ込めたままにしてしまう重篤な病であると認識しています。

本書は,精神分析的アプローチを貫いた摂食障害へのインテンシヴな治療経験の積み重ねの中から生まれました。筆者の中には30年以上の経験,20年以上の経験を重ねてきた者がいますし,いまだ経験途中の者もいます。しかし筆者全員がこの病者のこころに触れ続けてきていることは共通しています。
 不幸なことに,摂食障害は治ったふりや治したふりが存在する病なのです。それらになじんでおられる方たちには,本書に見る摂食障害という病の深刻さには耐えられないでしょう。しかしいかにこの病が深刻で重くとも,摂食障害を病む人たちとともに私たちも彼女らの病の事実を見つめないことにはほんとうの援助はできないことは,あらためて述べるまでもありません。

 本書の構成を述べておきます。
「第1部」は,摂食障害についての対象関係論的視点からの総合的解説です。摂食の障害とされている病態の鑑別,中核的な摂食障害の病理,とくにパーソナリティ病理,中核的な摂食障害の慢性化を含めた長期の経過,治療におけるマネージメントと精神分析的技法を述べています。
「第2部」には摂食障害の人たちへの精神分析的精神療法,精神分析的心理療法の実際が提示されています。あらゆる精神分析的治療は,その病者とその治療者による唯一の出会いであり,相互交流であります。ですから,その経過や達成,問題点は個々に異なっています。摂食障害というその病に特異的な病理を持つ人たちとの精神分析的治療も例外ではありません。表面だけに目を向けても,治療環境も一般的な入院や閉鎖病棟入院,外来通院等さまざまであれば,治療者も医師や心理士と異なっています。またほかの治療技法や援助との連携の有無もさまざまです。こうした5つの異なる治療過程が描かれ,くわしく考察されているところから,読者は治療交流を幅広く概観するとともに細かく点検する機会,さらには新たな視点や技法を手に入れられるのではないかと考えています。
 パーソナリティの病である摂食障害の治療では,それが精神分析的治療でない場合においても,ましては精神分析的治療であるのなら,治療環境やマネージメントの重要性を忘れることはできません。「第3部」では,そうした治療環境,治療構造,マネージメントの実際を看護の立場と医師の立場から実践的に述べています。
 そして最終章では,本書全体を踏まえて,必要な補遺を試みました。

 摂食障害の方たちが真摯にみずからの病と向かい合い,治療者も真摯に摂食障害の方たちと向かい合うという,本症の治療にほんとうに必要な出会いをもたらすことに,本書が一助となる機会がありますなら,それは筆者全員の喜びです。