中村正利著

精神障害者を支える
グループミーティングのメソッド
作業所・デイケアでスタッフのできること

四六判 208頁 定価(本体2,400円+税) 2007年2月刊


ISBN978-4-7724-0948-3

 統合失調症のような重篤な精神障害も,作業所・デイケアのスタッフのかかわり,そして仲間の力によって再発のリスクが減り,自立や社会復帰が可能になります。本書は,そうした人の力を導き出す「グループミーティング」のノウハウと,自立を目標とする作業所・デイケアの運営の知恵がだれにでもわかりやすく書かれた一冊です。
 グループミーティングとは,スタッフが司会となり,メンバー(患者)たちとそのときにあったさまざまな対話を通して,メンバーの本来持っている能力を引き出し,メンバー同士の横のつながりを活性化し,自分のなかにこもっているメンバーに外へ出る勇気を与える援助技法。著者は,精神科デイケアや精神障害者を対象とした作業所を運営し,グループミーティングを実践してきた第一人者で,一人でも多くのメンバーが自立できるようなグループミーティングの方法を説き,作業所やデイケアのスタッフがいかにメンバーにかかわってゆくかを語ります。
 長年の経験とそこで培われた知見,そして臨床に対する熱い思いが語られた本書は,スタッフに技術だけでなく希望をも与えるものです。精神科医や精神保健福祉士,作業療法士,臨床心理士,精神科看護師などデイケアや作業所に関係する全ての方に必読です。

おもな目次

    第1章 作業所・デイケアの置かれている現状

      Ⅰ 作業所の概要
      Ⅱ デイケア
      Ⅲ 作業所ラ・ドロン
      Ⅳ 作業所と自立支援法

    第2章 精神「病理」のとらえ方

      Ⅰ 精神障害の特性
      Ⅱ 統合失調症の基礎知識
      Ⅲ 精神障害をどうとらえるか
      Ⅳ 障害化される病
      Ⅴ 回復へのモチベーション

    第3章 作業所・デイケアスタッフのかかわり

      Ⅰ 作業所・デイケアという場
      Ⅱ スタッフの特殊なかかわり
      Ⅲ スタッフに求められる資質

    第4章 作業所・デイケアでのミーティング

      Ⅰ グループワークの活用
      Ⅱ グループワークの留意点
      Ⅲ グループミーティングの枠組み
      Ⅳ ミーティング合宿

    第5章 グループミーティングの実際

      Ⅰ 外部でのミーティング
      Ⅱ 作業所でのミーティングの例
      Ⅲ 外部でのミーティング その後

    第6章 ミーティングの工夫

      Ⅰ ミーティングの工夫
      Ⅱ グループミーティングに向かないメンバー
      Ⅲ その他の留意点
      Ⅳ ミーティング文化の定着を

    付 録 Q&A

関連書