『はじめに』

 認知行動療法は,世界的に見るならばメンタルヘルスの分野においてもっとも有効な介入法として幅広く用いられている。これは,認知行動療法が,他の心理療法とは異なり,閉じた体系となっていないからである。つまり,認知行動療法は,個々の症状や問題にそれぞれ対応できる多様な技法をもち,状況に合わせてもっとも適切な技法を活用する。それによって有効な介入が可能となっているのである。しかも,他の方法に開かれた体系となっているため,生物‐心理‐社会モデル(Bio-psycho-social model)に基づくメンタルヘルスの活動に適合しやすくなっており,薬物療法などの生物学的介入を含めたさまざまな介入方法と組み合わせて統合的な活動を構成することも可能となっている。このような理由から,認知行動療法は,メンタルヘルスの領域だけでなく,身体疾患の再発予防や健康教育などの領域でも,幅広く導入されるようになっている。

 世界の趨勢と比較してわが国では,認知行動療法の導入は遅れていた。これまでは,どちらかといえば,アカデミックな関心から欧米諸国で開発された認知行動療法のプログラムを輸入し,紹介するという傾向が強かった。しかし,実際のところ,臨床現場では,文化の違いなどもあり,単純に既存のプログラムを適用するだけでは役立たない。有効な介入をするためには,問題状況を的確にアセスメントし,個別事例に合わせたケースフォーミュレーショをしていくことが前提となる。

 幸い,認知行動療法は,近年に至り,わが国においても主に医療領域で活用されるようになり,実績を重ねてきている。本書は,このような実践の成果を示すものである。したがって,本書は,単純に諸外国で開発された技法やプログラムを紹介するものではない。個々の状況に合わせてケースフォーミュレーションをするための方法を解説するともに,日本における臨床実践に基づいて発展してきた方法とプログラムを解説するものとなっている。多くの章において,日本の認知行動療法の発展をリードしてきた臨床家の皆さんによる,実践報告を含む論考を掲載することができた。その点で本書は,現在日本の認知行動療法が到達した地点を示すものとなっている。

 このように本書の魅力は,単なるアカデミックな領域を対象とした認知行動療法の紹介ではなく,日本の臨床現場における認知行動療法の適切な活用を広め,メンタルヘルスの活動をより充実していくための情報が満載されたものとなっていることである。できるだけ多くのメンタルヘルス関係者の皆さんに,本書を手にとって読んでいただきたい所以である。
……(後略)

2007年6月  下山晴彦