乾 吉佑著

出会いと心理臨床
医療心理学実践の手引き

A5判 208頁 定価(本体3,000円+税) 2007年10月刊


ISBN978-4-7724-0997-1

 本書は,幅広い臨床経験と豊富な知識をもつ著者による,医療心理学の現場における,長年の臨床実践の知見が惜しみなく盛り込まれた論集である。
 著者は,コンサルテーションやリエゾン・カンファレンスに携わってきた経験から,医療現場に力動的心理療法の視点を導入することにより,クライエントとその家族へのよりよい支援のための新たな視点を示している。
 リエゾン・カンファレンスの様子が,多くの事例を用い具体的に示されることにより,臨床実践の実際のみならず,その理論をも深く理解させられることになるであろう。
 現場で働く心理専門家のみならず,医師,看護師,作業療法士,理学療法士,ソーシャルワーカーなど,医療現場にかかわるすべての人に必読の一冊。

おもな目次

    序 章 出会いと医療心理学的アプローチ――各臨床場面における応用と工夫――
    第1章 患者の心理の理解のために――医療人としての視点――
    第2章 精神分析と医療心理学
    第3章 病院スタッフへのコンサルテーション
    第4章 リハビリテーション科とのリエゾン・コンサルテーション①
    第5章 リハビリテーション科とのリエゾン・コンサルテーション②
    第6章 形成外科とのリエゾン・コンサルテーション
    第7章 神経内科とのリエゾン・コンサルテーション――難病患者を持つ家族の心理的な問題――
    第8章 職員の精神力動がクライエントに及ぼす影響
    第9章 メンタルヘルス・カウンセリングの実際からみた職場不適応の問題
    第10章 職場カウンセリングに影響する企業内の構造特性
    終 章 “対象喪失”を通して小此木先生と出会う

      ●コラム●
      リエゾン・カンファレンス/感覚器官および運動器官の手術による喪失・回復をめぐる心理/ハンディキャップとその受容/疾病利得について/メンタルヘルス・カウンセリング/心因性歩行障害/慢性疼痛患者へのリハビリ的アプローチ/VIP患者,スペシャル・ペイシェント/医原性障害者