訳者あとがき

 認知行動療法は,世界的にみるならば,すでに成人の心理的問題や精神障害に対する定番の介入法となっている。本書は,その認知行動療法を子どもや若者に適用するとは,どのようなことなのか,成人に適用する場合とはどのように異なっており,どのようなことに気をつけなければならないのかをわかりやすく解説し,その上で具体的にアセスメントや介入の技法について事例を引きながら説明を加えている。その点で本書は,極めて実践的な入門書である。

 子どもや若者が示す心理的問題は,増加し,また深刻化している。それにもかかわらず,子どもや若者を対象にした認知行動療法の本は,非常に少なかった。それは,子どもは,認知行動療法で前提とされる自己モニタリングの能力に限界があったからである。本書は,子どもに適用された認知行動療法の臨床試験などの結果も参考にしながら,子どもや若者に適用できる方法を具体的に提案している。その点で本書は,まさに世界の児童臨床の領域で待望されていた書物である。

 著書のPaul Stallard氏は,現在英国バース大学の児童と家庭のメンタルヘルス部門の教授職にある。トラウマや慢性病を抱える子どもの心理援助と,その効果研究で数多くの論文があり,英国の臨床心理学では児童臨床のリーダー的存在である。2002年に本書と同じWiley社から出版された『Think Good-Feel Good; A Cognitive Behaviour Therapy Workbook for Children and Young People』は,英国でメンタルヘルス図書の出版賞を得ている。同書は,訳者が監訳し,2006年に金剛出版より『子どもと若者のための認知行動療法ワークブック』の題名で出版し,好評を博した。また,日本版序文に著者自身が記しているように,同年には訳者の招きで来日し,ワークショップも開催している。

 前書は,「ワークブック」と題されていることからもわかるように,どちらかというと集団を対象としたワークショップ等で利用するための資料集であった。それに対して本書は,個人を対象とする心理療法的介入を前提として全体の内容が構成されている。「子ども(若者)は認知行動療法に関わる準備ができているか」,「子ども(若者)は,変わろうとする動機づけをもっているか」,「どのようにフォーミュレーションを行うか」,「フォーミュレーションはどのような枠組みを利用するか」,「親は介入に参加するべきか」,「親の参加の仕方によって違いは生じるか」,「特定の障害に対してどのような要素を組み込むか」,「どこから手をつけるか」,「どうすれば子ども(若者)のパートナーになるのか」,「どのようにリードすれば新たな考えかの発見に導けるか」といった,子ども(若者)の心理援助のポイントが,わかりやすく,しかも具体的に解説されている。その点で本書は,前書に比較して臨床的活用が明確な目的となっている。

 本書出版に際しては,前書と同様に出版を記念して2008年10月に著者Paul Stallard氏を招待して,シンポジウムとワークショップを開催する予定になっている。前回の来日以来,訳者の研究室とは連絡を取り合っており,日本の事情もよく知っておられるので,前回以上に有益な交流の機会になると思われる。このシンポジウムとワークショップの詳細については,訳者のWebsite(http://www.p.u-tokyo.ac.jp/shimoyama/)をご覧いただきたい。……(後略)

2008年6月 下山晴彦