高橋雅春・高橋依子・西尾博行著

ロールシャッハ・テスト形態水準表

A5判 150頁 定価(本体2,800円+税) 2009年2月刊


ISBN978-4-7724-1065-6

 包括システムのわが国への適用に不可欠の資料として好評を得た前著『ロールシャッハ形態水準表』から,基礎となる日本人健常成人の対象を大幅に増やし包括システムの原典での基準の変更などをも踏まえて全面改訂された新版。
 ロールシャッハ・テストを解釈するとき,解釈仮説の大部分が文化差に関係なく同じように適用できるとしても,ロールシャッハ・テストがインクブロットに対する言語反応を素材としている以上,文化や習慣の影響は無視できない。本書はわが国でロールシャッハ・テストを適用する際の基準となる,日本人の反応出現度に基づく形態水準を収録したものである。エクスナーの形態水準表に見られないわが国独特の事物や,同じ単語であっても欧米圏とはニュアンスの異なるであろう反応に対して,本書を参照することによって,正確にコード化し解釈を進めることができる。
 また本書には主な反応の内容コードの一覧も付されており,形態水準のコード化と内容のコード化が一定の基準で確実に行えるよう工夫されているので,ロールシャッハ・テストをどのような方式で実施するにせよ,臨床場面でも研究場面でも本書は欠かせないものとなっている。

おもな目次

    第1章 形態水準表の作成

      1.対象者
      2.出現頻度と形態水準
      3.文化による言葉の違い
      4.文化による反応内容の異同
      5.反応内容の分類
      6.形態水準表の構成

    第2章 形態水準表

      形態水準表の用い方
      Ⅰ図〜Ⅹ図

    第3章 出現頻度の高い内容

      Ⅰ図〜Ⅹ図

    第4章 主要内容コード一覧表

関連書