ジェフリー・E・ヤング著/福井 至,貝谷久宣,不安・抑うつ臨床研究会監訳/福井 至,笹川智子,菅谷 渚,鈴木孝信,小山徹平訳

パーソナリティ障害の認知療法

A5判152頁 定価(本体2,600円+税) 2009年7月刊


ISBN978-4-7724-1086-1

 スキーマとは,心的活動を行う際の枠組み・見取り図のようなもので,人は誰でも意識的・無意識的な〈中核信念〉として多様なスキーマを持っている。
 ヤングは,パーソナリティ障害を引き起こすスキーマは患者の子ども時代に形成される「早期不適応的スキーマ」であるとし,18種類のパーソナリティ障害を引き起こすスキーマを特定した。
 本書で紹介されるスキーマ・フォーカスト・アプローチは,治療困難なパーソナリティ障害,慢性的な不安,抑うつの患者に有効な統合的アプローチである。巻末には治療を効果的に進めるために必要な「ヤング・スキーマ質問紙(YSQ)」ほか数々の質問紙すべてを収録し,実践家の手引きとして画期的な内容となっている。

おもな目次

    第1章 スキーマ・フォーカスト・セラピー:理論

      理論
      短期間の認知療法における仮定
      パーソナリティ障害と認知療法
      スキーマ理論
      早期不適応的スキーマ
      スキーマの領域と起源
      スキーマ・プロセス

    第2章 スキーマ・フォーカスト・セラピー:ケース理解の仕方とアセスメント

      概要
      評価
      質問紙
      スキーマについての患者教育
      スキーマの活性化
      スキーマの回避への直面化
      スキーマによって駆動された行動の特定
      スキーマという観点から患者を理解する

    第3章 スキーマ・フォーカスト・セラピー:変容のための方略

      概説
      認知的技法
      スキーマを支持する証拠を再検討する
      裏づける証拠を批判的に検証する
      スキーマと矛盾する証拠を再検討する
      体験的技法
      対人的技法
      行動的技法

    [付録]

      ヤング・スキーマ質問紙
      ヤング・ペアレンティング質問紙
      ヤング・リッグ回避質問紙
      ヤング過剰補償質問紙
      ヤング・スキーマモード質問紙
      スキーマ・フォーカスト・セラピーについてのクライエント・ガイド

関連書