エドウィン・シュナイドマン著/高橋祥友監訳

生と死のコモンセンスブック
シュナイドマン90歳の回想

四六判290頁 定価(本体2,800円+税) 2009年8月刊


ISBN978-4-7724-1088-5

 シュナイドマンは,自殺予防学を確立した世界的に著名な心理学者であり,本書はその遺作となった。全編にわたって,“死”“自殺”についての思索をきわめた精神の旅が展開する。
 自殺者が毎年3万人を超える非常事態が続き,自殺予防に関する取り組みが急務となっているわが国において,今こそ本格的な自殺研究が必要である。
 本書は単なる自殺予防の冊子ではない。自分自身や愛する人の“死”について,また人生そのものに占めている死の位置について考えるために有益な手引きであり,心理学,精神医学,文学,哲学,経営学,等のさまざまなコモンセンスが掲載されている。
 わが国における自殺学の第一人者であり,シュナイドマンに直接師事した訳者による詳細な解題を付す。

おもな目次

    第一幕 1973年刊『人間の死』からの抜粋

      第一場 死の仕事と死にゆく段階
      第二場 適切な死
      第三場 ポストベンションと遺された人
      第四場 死後の自己
      第五場 死に関する個人的そして非個人的側面
      第六場 両価性と意図下
      第七場 死と国家
      第八場 死亡診断書
      第九場 心理学的剖検
      第十場 大量死:核の時代の子どもたち

      *休憩 『人間の死』の回顧的書評
      死生学の古典:『人間の死』の書評(M・ブリュースター・スミス)

    第二幕 『人間の死』35年後の再考

      第一場 死の基本的な特性:始まりと終わり
      第二場 死に対するふたつの指向性:自身の死と他者の死
      第三場 死に対する三つの立場:意図的、意図下的、非意図的
      第四場 従来の死の四分類:自然死、事故死、自殺、他殺
      第五場 不審死の解明
      第六場 軍隊における心理学的剖検の一例
      第七場 適切な死:まずまずの死の基準
      第八場 自殺の共通点:立方体モデル
      第九場 荒れすさむ死:ポストベンション
      第十場 死後の自己:死後の生存

      追加公演 担当する精神療法家がとらえたシュナイドマン像
      シュナイドマン先生との水曜日:精神療法家によるシュナイドマンのレポート(エセル・オダーバーグ)