ゲアリィ・エメリィ著/東 斉彰・前田泰宏監訳/吉岡千波,吉岡 綾,三好敏之,太田有希,巣黒慎太郎,内田由可里訳

うつを克服する10のステップ セラピスト・マニュアル
うつ病の認知行動療法

A5判 164頁 定価(本体2,400円+税) 2010年6月刊


ISBN978-4-7724-1144-8

 認知療法の創始者Beck,A.T.の同僚であるEmery,Gの著書“OVERCOMING DEPRESSION A Cognitive-Behavior Protocol for the Treatment of Depression―Therapist Protocol”の全訳である。
 ユーザー・マニュアル(うつを克服する10のステップ:うつ病の認知行動療法:ユーザー・マニュアル)と対になっており,臨床の現場でクライエントとセラピストが協力してセラピーを推進していくためのセラピスト用の本となる。
 この本の特徴としては@治療面接の各セッションに対応し,面接の進行に合わせて順次使うことができる,A介入例が多く臨床現場をイメージしやすい,B10セッション(10週間)または6セッションで終結する短期(brief)療法であること,等が挙げられる。
 しかし,最大の特徴は「回避に直面すること」を強調していることにある。うつで意欲を失っている人に,回避してきたこと,現在回避していることに着目させ,それを乗り越えて行動を始め,思考を変えるように導くこと。従来の心理療法にはなじみのない,そして一般的な認知行動療法よりもさらに積極的にセラピストが働きかけ,クライエントをリードする方法をとっている。
 臨床の現場で働く方々のセラピーで役立ててほしい一冊である。

おもな目次

イントロダクション
セッション1 初回面接
セッション2 うつを理解する
セッション3 行動に現れる症状を乗り越える
セッション4 回避に直面する
セッション5 感情に現れる症状を扱う
セッション6 ネガティブ思考にチャレンジする
セッション7 思考を捨てる
セッション8 葛藤を引き起こす信念を修正する
セッション9 セラピーの終結を準備する
セッション10 最終セッション
付録:治療計画
文献
監訳者あとがき