下山晴彦編著

臨床心理学ブックガイド
心理職をめざす人のための93冊

A5判 288頁 定価(本体2,800円+税) 2010年9月刊


ISBN978-4-7724-1152-3

 世界の臨床心理学は,エビデンス・ベイスト・アプローチに基づく研究活動の成果を取り入れて発展したことで,社会的にも専門活動として広く認められるようになっています。そこでは,科学者−実践者モデル,生物−心理−社会モデル,認知行動療法が主要な役割を担うようになっています。わが国でも,このような臨床心理学の発展が社会的に求められるようになっています。したがって,わが国の臨床心理学では,このような新たな発展の土台となるカリキュラムを構築することが喫緊の課題となっています。
 そこで,本書では,まず具体的な授業内容を含んだカリキュラムを提案することにしました。そして,そこに含まれる科目ごとに,参考となる日本語で書かれた書籍を紹介することを目的としました。というのは,新しい科目とカリキュラムを提案しても,教える側も教わる側も,そのような科目を教えた経験がないということがあります。そのため,どのように教えるのか,あるいはどのように学んだらよいのかというイメージをもてないということになります。また,それを教え,学ぶための教材も適切なものがないということもあります。本書は,そのようなわが国の現状を超えて,新たな臨床心理学教育の発展に貢献することを目的として編まれたものです。

おもな目次

はじめに

第1章 心理専門職になるためのカリキュラム

    1.心理専門職となるためのプロセス
    2.学部での学習課題
    3.大学院での学習課題

第2章 臨床心理学の全体構造に関する科目(必修)

    臨床心理学概論〈修士1年前期〉

第3章 専門活動に関する科目(必修)

    臨床心理専門職論
      @臨床心理専門職論1:援助専門職入門〈修士1年前期〉
      A臨床心理専門職論2:心理専門職特論〈修士2年前期又は後期〉

第4章 実践活動に関する科目(必修)

    臨床心理アセスメント演習
      @臨床心理アセスメント演習1:基本編〈修士1年前期〉
      A臨床心理アセスメント演習2:実践編〈修士1年後期〉
    臨床心理面接演習
      @演習1:臨床面接基本編〈修士1年後期〉
      A演習2:臨床面接応用編〈修士2年前期〉
    臨床心理基礎実習
      @基礎実習1:基本編〈修士1年前期〉
      A基礎実習2:応用編〈修士1年後期〉
    臨床心理実習
      @臨床心理実習1:基本編〈修士2年前期〉
      A臨床心理実習2:応用編〈修士2年後期〉

第5章 研究活動に関する科目(必修)

    臨床心理学研究法〈修士1年後期〉
    修士論文指導〈修士2年前期〉

第6章 関連科目(選択必修)

    研究法に関する科目群
      @心理学研究法A実践研究法
    生物的側面に関する科目群
      @精神医学
      A精神障害学
      B脳科学
    心理的側面に関する科目群
      @心理検査
      A介入技法 B子どもへの介入
    社会的側面に科目群
      @集団介入
      A学校臨床
      B生活支援

あとがき
附録

    書目一覧
    原書一覧