伊藤絵美,石垣琢麿監修/大島郁葉,安元万佑子著

Challenge the CBTシリーズ
認知行動療法を身につける
グループとセルフヘルプのためのCBTトレーニングブック

B5判 208頁 定価(本体2,800円+税) 2011年8月刊


ISBN978-4-7724-1205-6

 認知行動療法は,手軽にポジティブ思考を育んで短期間に「うつ」や「不安」を治す画期的なツールなのか? 一般に流布する認知行動療法への悪しき誤解を払拭し,本書は,正しい自己理解に裏打ちされたストレスマネジメントゆえに再発予防に効果的であると同時に,時間をかけて入念に取り組むセルフヘルプの顔をもつという,認知行動療法の真実を提案する。  自動思考とモニタリング,外在化とマインドフルネス,セルフアセスメントとストレスマネジメント。これらキータームを正しく=楽しく=徹底的に理解+実践しながら,段階的に「認知再構成法」「問題解決法」に取り組むことで完成する,世界でたったひとつ,あなただけのオーダーメイド式リミックスCBT。

おもな目次

Challenge the CBTシリーズの序より
まえがきにかえて―繰り返すことの大切さ 石垣琢麿
はじめに
第1回 ストレスマネジメント・認知行動療法とは
第2回 自分のストレスを知ろう1
第3回 自分のストレスを知ろう2
第4回 自分のストレスを知ろう3
第5回 自分のストレスを知ろう4
第6回 幅広いものの捉え方を検討しよう1
第7回 幅広いものの捉え方を検討しよう2
第8回 幅広いものの捉え方を検討しよう3
第9回 問題解決に取り組もう1
第10回 問題解決に取り組もう2
第11回 問題解決に取り組もう3
第12回 まとめ
あとがき
CBTの本質を再確認する旅の終わりに 伊藤絵美

関連書