あとがき

 2010年秋から私の研究室では、家族再統合プロジェクトが開始されました。その一つは被虐待児とその保護者の家族再統合であり、宮城県中央児童相談所所長の協力を得て進められています。もう一つは、犯罪により刑務所に入った方の出所後の家族再統合です。これはNPO法人ワールド・オープン・ハートの協力のもと進められています。そのようなプロジェクトが進んでいる最中、それは本書をまとめていた最中でもありますが、2011年3月11日に東日本大震災が発生し、私と私の研究室ではさまざまな状況が一変しました。戦国の武将である山中鹿之助は「天は我に七難八苦を与え給え」と祈願したと言いますが、それは物語の中の話であり、東北の現実はまさに七難八苦となりました。
 私の研究室・長谷川研究室のメンバー(浅井継悟さん、平泉 拓さん、望月このみさん、狐塚貴博さん)は3月25日にNPO法人フェアトレード東北の協力を得て、石巻地区避難所で、さまざまな立場の方々から数チームで聞き取り調査を行い、その後、石巻地区だけでも200以上の避難所とその範囲および被災者の多さに無力な気持ちを得ながらも、長期的で実質的に役に立つ心理支援の方法について考えるために打ち合わせをしました。その結果、心理支援は必要とされているが、そのタイミングは今ではなく、これからであろうということ、より心理支援が必要な人々をピックアップする難しさなどから、長期的に援助可能な電話相談を入り口としたシステムを作ろうという話になりました。その場からNPO法人MCR家族支援センターの現理事長・末崎康裕さんに電話にて連絡し、そのプランの実現に向けた協力を得て、この構想は即座にスタートしました(河北新報「心のケア長期サポート 東北大学グループ、相談電話を開設」2011年4月22日、読売新聞「被災者の心 中長期にケア」2011年4月23日、日本経済新聞「被災地の明日を支える(4)心理士、大人の心ケア 避難所回り相談役に」2011年5月5日)。現在では、NPOおよび行政の電話窓口との連携作業が進み、電話相談による支援は総合体になっていきそうです。
 また、東北大学臨床心理相談室に対策室を設置し、私の研究室・長谷川研究室のメンバー(野口修司さん、板倉憲政さん)が情報収集および相談室スタッフの現地派遣作業をはじめました。
 この対策室の活動は3月18日からスタートしました。
 次に、私が以前勤めていた大学のゼミ生であったOGが気仙沼にて被災している旨の連絡を受けました。私の研究室・長谷川研究室のメンバー(野口修司さんを中心に)が物資を運ぶとともに、気仙沼地区に入りました。避難所での電話相談カードの配布、市会議員や自衛隊員との話し合いももたれました。気仙沼地区では私の研究室・長谷川研究室のメンバーで継続的な支援が開始されました。ちょうど同じころ、海上保安庁第二管区から潜水士(水中での行方不明者の探索を行っている)を中心とした惨事ストレス対策の依頼が入りました。私が海上保安庁第三管区にて、特殊救難基地の惨事ストレス対策を数年間継続し担当してきたためこの依頼につながりました。第二管区の被災した職員との面接は私と狐塚貴博さんにてまずは対応することにしました。
 そして、今後さらに多くの依頼が来ることでしょう。私たち東北大学のブリーフ・セラピストは東日本大震災における被災者のこころの支援活動に全力で取り組んでいきます。
 本書を編集するにあたり長谷川研究室と私の研究室の以下の学部生・大学院生にご協力いただきました。佐藤未央さん、清水愛麗さん、古山杏加里さん、森川夏乃さん、赤川侑希さん、野平靖子さん、松本由衣さん、ありがとうございました。ここに記して感謝申し上げます。

2011年5月8日 仙台にて 若島孔文