あとがき

 糖尿病の治療は先生の言いつけをよく守って,お薬の服用やインスリン注射をきちんとすることです,このように習って患者さんは治療されているものと思っていた,そう今も思っている医療者は多いのではないでしょうか。
 医療者は医療者で,患者さんの治療の結果の全責任を負っているのだという責任感を強くもっているために,どうしてあの患者さんはうまくいかないのだろう,他の患者さんではうまくいっているのに,という思いにかられてしまいます。うまくいかない患者さんの割合は少なく,うまくいっている患者さんの割合が多いので少しは自分の診療には自信を持ちながら,そしてどうしてだろう,どうしてだろう,と悩みながら,時間が経過してしまう。
 典型的な例は,インスリン治療です。インスリン受容体の異常,細胞内のシグナル伝達に異常がなければ,インスリンは効くはずです。注射量を増やせば効くはずです。ところが,そうにはならないのですね。このことは毎日の診療現場でよく遭遇する光景であります。
 忘れもしない平成6年の5月,日本糖尿病学会が徳島市で開催された日でした。九州大学病院心療内科(当時)の野崎剛弘先生にばったり出会い,困っていた1型糖尿病女性患者さんの話を何気なく相談したことです。「そりゃ,先生では無理だ,心療内科医が診なくちゃ。自分は留学するのでいなくなるが,瀧井という優秀なのがいる。彼にその患者さんを紹介してください」。
 しかし,それだけで患者さんは九大心療内科を「ハイ」といって受診してくれません。心療内科的な問題があると医療者がわかっても,患者さんはそのような問題を自分が抱えていることをわかってくれないことが多く,この固執したものを抱えていることがアイデンティティでもあるので離そうとしない,よって治療に乗ってこない。つまり,心療内科に受診することをけっして受け入れないのです。たとえ,過食していることを自分から言えるようになったとしても。
 「でも,自分ではできないよね。食べてしまうんだものね。前回のときも自分でやってみますと言ってくれていたけど,むずかしかったね」
 「先生,今度はちゃんとしますから。今度はちゃんとしますから」
 この会話を何年間繰り返し続けたことか……。
 さらには,「何度,こんな会話をしているかしら。2年になるかなー」
 「3年くらいになります……。今度は信じてください,食べるのを止めますから」(血糖コントロールより大事なものと信じている痩せ願望をもつ過食症の1型糖尿病女性との会話)。
 瀧井先生にお願いした患者さんはもう200人近くになりました。最近は,「九大心療内科に受診します,と患者さんに決心してもらった時点で,治療の山の6合目には来ていますよ」,と瀧井先生からお声をかけてもらえるくらいになりました。先生の返信のお手紙,退院サマリーは,私の教科書です。もう8冊になりました。
 待ちに待った「瀧井先生の心療内科学」がここに出版されます。平成6年から,瀧井先生とともに,道なき道をご一緒した者として感無量の思いです。糖尿病と一緒に歩むという道のりに,医療者は患者さんの伴走者として,時にはゆっくりと時には軽やかに一緒に歩んでいけたら,と願っております。

東京女子医科大学糖尿病センター
センター長 内潟安子