成田善弘著

精神療法の深さ
成田善弘セレクション

四六判 360頁 定価(本体3,800円+税) 2012年6月刊


ISBN978-4-7724-1253-7

……人間の心の深みに届く精神療法を志しながら,しかしそれに畏れを抱き浅くとどまろうともしてきた。そういう姿勢がその論文だけでなく本書全体の基調になっている……「まえがき」より

 本書には,文句なしに面白い良質の臨床論文13篇が精選されている。精神科診断面接における留意点,面接を構造化するポイント,臨床現場の実感,全編に達人の臨床記録がちりばめられている。多くの人に「成田善弘の精神療法」の全体像と本質を理解してもらいたい。
後半部には〈成田善弘精読〉とも言うべき秀抜な「解説」(原田誠一氏による書き下ろし150枚)を収載した。

おもな目次

まえがき
診断と見立て 精神科医の立場から
転移/逆転移 役割からの逸脱と再統合
解釈の実際 転移と逆転移の観点から
精神療法の深さ 精神科医の立場から
心理療法的関係の二重性
青年期患者と接する治療者について
強迫症者の世界 概念・臨床・精神病理学
境界例の個人精神療法 治療者の気持とその変遷をめぐって
境界例と思われる少女とその家族
総合病院におけるリエゾン精神医学の実践
心身症の心理治療的側面
分裂病者と会うときに
若者の精神病理 ここ二十年の特徴と変化
解説 成田先生と母国語で対話できる幸せ  原田 誠一