平木典子著

心理臨床スーパーヴィジョン
学派を超えた統合モデル

A5判 230頁 定価(本体3,800円+税) 2012年8月刊


ISBN978-4-7724-1254-4

 本書は,特定の理論や技法を越え,スーパーヴァイザー訓練のあり方と展望について検討した「精神療法」誌の連載をまとめたものである。すべての訓練生に適用できる,汎用性のあるスーパーヴィジョン・モデルの確立を追求してきた著者による試みの一端を紹介していく。 そのようなモデルを追求することにより,指導者も訓練生も,各自が支持する心理療法モデルを中核におきながら,他のモデルを統合することができ,現場に適した臨床活動が可能となるであろう。

おもな目次

はじめに:今、なぜ、心理臨床スーパーヴィジョンなのか
1章:スーパーヴィジョンの指導―特殊性と普遍性
2章:心理臨床スーパーヴィジョンの基本モデル
3章:スーパーヴィジョンの方法―統合モデルの必要性
4章:スーパーヴィジョンの形式
5章:スーパーヴィジョンの実際

    1.個人スーパーヴィジョン
    2.グループ・スーパーヴィジョン
    3.ライブ・スーパーヴィジョン

6章:スーパーヴィジョンの倫理
7章:スーパーヴァイジーの発達段階
8章:スーパーヴァイザーの養成・訓練
おわりに

関連書