デヴィッド・ウエストブルック,ヘレン・ケナリー,ジョアン・カーク著/下山晴彦監訳

認知行動療法臨床ガイド

B5判 420頁 定価(本体5,200円+税) 2012年10月刊


ISBN978-4-7724-1271-1

プロにこそ知ってほしい本物の認知行動療法の基礎知識!

 確かな治療効果のエビデンスに支えられてハイクラスの臨床家たちが築き上げた認知行動療法の正しい型を,臨床場面でのワンポイント・アドバイスを取り入れながら提供する。本書では認知行動療法入門として、基本理論とその発展、治療関係論、アセスメントとフォーミュレーション、ソクラテス式問答法、行動実験など、さまざまなセオリーとスキルをやさしくわかりやすく解説していく。代表的な症例として、うつ病や不安障害の治療例も紹介しながら、支援者が手を携えながらクライエントが自分自身のセラピストとなるためのスキルを身につけていくためのヒントを論じる。

ゼロから学びたい初学者はもちろん,すでに基礎を習得したベテランのスキルのブラッシュアップにも役立つ,認知行動療法の理論と技法をわかりやすく交通整理した臨床ガイドブック!

おもな目次

はじめに

第1部 基本的特徴

    第01章 CBTの基本理論とその発展
    第02章 CBTは他の心理療法とどこが違うのか―CBTの特徴

第2部 基本的方法

    第03章 協働関係
    第04章 アセスメントとフォーミュレーション
    第05章 CBTにおける効果測定
    第06章 クライエントが自分自身のセラピストとなるために

第3部 技法

    第07章 ソクラテス式問答法
    第08章 認知技法
    第09章 行動実験
    第10章 身体技法
    第11章 介入の過程

第4部 各障害への適用

    第12章 うつ病
    第13章 不安障害
    第14章 不安障害―特定モデルと介入プロトコル
    第15章 より広範囲へのCBTの応用

第5部 発展と応用

    第16章 CBTの新たな提供方法
    第17章 CBTの新たな展開
    第18章 CBT実践の評価
    第19章 CBTにスーパーヴィジョンを用いる

おわりに

関連書

書評