ビル・オハンロン著/前田泰宏監訳/内田由可里訳

可能性のある未来につながる
トラウマ解消のクイック・ステップ
新しい4つのアプローチ

A5判 191頁 定価(本体3,200円+税) 2013年1月刊


ISBN978-4-7724-1282-7

 トラウマを解消するためには,そのトラウマになった過去と向き合い,何度も追体験することが必要だとされてきた。その追体験の過酷さから,トラウマを克服するのは困難だとされてきたのだ。
 本書は,オハンロンが「解決指向」「未来指向」「可能性療法」「インクルーシブ」「スピリチュアリティ」「エリクソニアン催眠」「ストレンスグス」「ポジティブ・サイコロジー」等といった枠組みや概念を通じて提示してきた臨床に関する豊かなアイデアや手法をトラウマ解消のために生かした,臨床家向けの実践書である。
 彼はトラウマを解消するために必要だとされてきた過去への焦点化や追体験を必要としない,クライエントに優しいトラウマ克服法を画期的な4つのアプローチに整理した。どのアプローチが希望の光となるかはクライアント次第。今までいろいろなトラウマ解消法を試してきて効果がなかったクライエントのために試してほしい,トラウマへの4つのアプローチ。
 さらにポスト・トラウマティック・サクセス(外傷後成功)の考え方についても解説。

トラウマとその治療に関する4つの神話
神話#1:トラウマを経験した人は皆,PTSDを発症する
神話#2:PTSDを発症した人はセラピーによってのみそれを解消できる
神話#3:トラウマを追体験させて,それを同化させるような援助を行う,長期間に及ぶ除反応セラピー(abreactive therapy)が最も効果的なアプローチである
神話#4:トラウマはネガティブな結果しかもたらさない

 この神話ははたして正しいのだろうか? 間違っているのだろうか?
 本書がその謎を解き明かす。

おもな目次

イントロダクション:
ブリーフに,丁寧にトラウマを解消する4つの新しいアプローチ
第1章 インクルーシブセラピー:脱価値化された体験を再生する
第2章 未来による牽引:未来が現在をもたらすことを知っていましたか
第3章 ボトルの形状:トラウマによって形成されたパターンを変える
第4章 再結合(再び繋がること):トラウマの後の解離と分離に挑戦する
第5章 ポストトラウマティックサクセス:危機を通り抜けて成長する
監訳者あとがき