『リジリエンス−喪失と悲嘆についての新たな視点

ジョージ・ボナーノ著/高橋祥友監訳
四六判/250p/定価(本体2,800円+税)/2013年3月刊

評者 石丸径一郎(東京大学)


 本書の原題は“The Other Side of Sadness : What the New Science of Bereavement Tells Us About Life After Loss”であり,死別による悲嘆についての著者の革新的な主張がまとめられた本である。著者のジョージ・ボナーノは,米国コロンビア大学教授(臨床心理学)であり,トラウマ・悲嘆研究の専門家である。基礎的な研究を多く行っている著者らしく,最新の悲嘆研究によるエビデンスをもとにして主張を展開しているが,同時に,特に後半では,エビデンスとは言いがたい不思議な個人的体験や知人の話,東洋文化・宗教などのテーマが大胆に盛り込まれており,著者のこれまでの研究と人生において考えてきたことの集大成と言ってよい渾身の作だと感じた。
 本書のもっとも大きなテーマは,死別による悲嘆について広く信じられていることへの挑戦である。つらい死別を経験した人は,しばらくの間は極度に苦しんで,仕事や家庭で不適応を起こすのが正常であるので,死別直後なのに,それまでと変わらぬ生活を送っているならばそれは不健全であり,後からひどい不適応を起こすだろうというのが,従来の死別観であった。このような考えは,フロイト,ボウルビーの流れを汲んで,キュブラー・ロスによる5段階説として人口に膾炙した。しかし,研究が蓄積されるにつれて,つらい死別の経験者であっても,死別直後から,仕事も休むことなく機能できる(=リジリエンスのある)人も多いことがわかってきた。著者は,このような悲嘆についての誤解を解きながら,さらに悲嘆という現象について思索を深めている。
 一般的に「段階説」というものは,単純化しすぎたモデルであって,現実にはあてはまらない例が多くあると考えるのが論理的であるが,血液型性格判断のようにカテゴリーが少なくわかりやすいために広まってしまう危険性があると感じる。また,トラウマ・死別・虐待のような領域は,セラピストのメサイア・コンプレックスが刺激されやすいように思う。震災にあった人はみな早急な心理援助が必要であるに違いない,虐待を受けた子はみな複雑な愛着パターンを示すはずである,虐待は世代間で必ず伝達されるはずであるなど,パターナリスティックな判断をして,ニーズ以上の援助をしてしまうことが,臨床の現場では起きやすいのだろう。本書の内容から,理論を人に当てはめるのではなく,目の前にいる人を先入観なく見ることの大切さ,そして,エビデンスに基づかない理論が後世に残す悪影響の甚大さを感じた。著者の自由な発想が詰め込まれているので,消化にエネルギーが必要だが,アイデアや材料の宝庫のような一冊である。