『研修医・コメディカルのための 精神疾患の薬物療法講義』

梅永雄二著
A5判/208p/定価(本体3,600円+税)/2013年6月刊

評者 森田慎一郎(東京大学)


 精神疾患の薬物療法については,基本的なことは知っていても,断片的な理解にとどまっており,体系的な理解にまでは及んでいない,という臨床心理士が多いのではないだろうか。薬物療法に関する書籍を持っていたとしても,それを使うのは,クライエントの服用している薬がどんなものかを調べるときぐらいであろう。確かに,薬の名前がびっしりと書き込まれている書籍の場合には,それ以上の使い方は難しいのかもしれない。
 本書は,「読み終わったら自然と向精神薬療法の基本知識や精神科薬物療法の『考え方』が身につくことをめざして企画された」という「はじめに」の言葉からもわかるとおり,「それ以上の使い方」が可能となるような,さまざまな工夫がなされている。まず,向精神薬を「1.抗精神病薬」「2.抗うつ薬」「3.気分安定薬」「4.抗不安薬」「5.睡眠薬」「6.中枢刺激薬とノルアドレナリン再取り込み阻害薬」「7.抗てんかん薬」「8.漢方薬」に分類し,8章構成としている。例えば,「最近,双極性障害やADHDに関する相談が以前よりも増えているな。これらの疾患の薬物療法について,一度,頭の中で整理しておきたいな」と感じている臨床心理士は少なくないと想像されるが,上記の3章や6章はそのような方にうってつけといえる。
 また,各章は,それぞれの専門家によって講義風に著述されている。つまり,いきなり薬物名を羅列するのではなく,まずは,その薬物を用いる疾患や症状について説明し,その薬物の開発の歴史を語り,時には,最新の治療法なども紹介している。さらにそのうえで,もう一歩踏み込んだ議論を行っている。例えば,「抗うつ薬」の章の「抗うつ薬の使い分け」では,SSRIやSNRIというカテゴリーに属する薬一つ一つの特徴が述べられており,入門書にありがちな「三環系とSSRI・SNRIの特徴の違い」という大まかな説明よりも踏み込んだ内容となっている。さらに,同章の「新しい抗うつ薬に差があるか」では,最新のメタアナリシス研究にもとづく抗うつ効果の高い薬物のベスト3を紹介するなど,「科学性」や「新鮮さ」を兼ね備えた内容となっている。
 最も印象深かったのは,多くの章に盛り込まれている「症例」である。「ありふれた例」について,治療開始から終了までの長期経過が述べられており,ありがたいことに,簡単な解説が付されているため,薬の作用や副作用の現れ方はもちろんのこと,「どういう意図でその薬が使われたのか」という観点からの理解が得られやすくなっている。
 本書全体を読み終えて,薬物療法についての理解を深めることができれば,医師の処方をもとに,医師がどのような見立てをしているかを推測できる部分が広がっていくように感じられた。その意味では,特に医療機関で働く臨床心理士にとって,本書は,自らの仕事のレベルを一段階高める一冊となるのではないだろうか。