阿部惠一郎著

バウムテストの読み方
象徴から記号へ

B5判 200頁 定価(本体3,200円+税) 2013年8月刊


ISBN978-4-7724-1321-3

 長年、バウムテストを使用し、研究してきた著者による手引書。バウムテストというと、一見「木を描いてもらってそれを解釈するだけ」という単純作業のようだが、「木を描いてもらう」にも「一本の木を描くのか」「複数の木を描くのか」「紙を横にするのか、縦にするのか」などさまざまな描き方がある。いままで、バウムテストの実施方法、サインの読み方には統一されたものがなく、検査者が独自に実施・判断していくしかなかったのだが、それを可能な限り統合し、著者のいままでの経験を含めて説いたものが本書である。肝心な「サインの読み方」についても、検査者の主観を入れず客観的に判断できるよう、随所に検査者の心得がちりばめられている。
 さらに、サインを読んだ後、どのように心理査定の報告書を作成するか、またバウムテストを用いたカウンセリング(アートセラピー)にどのように利用できるかについても考察している。巻末には、いままでのバウムテストのサイン対照表を掲載。
 本書を精読することで、さまざまな角度からバウムテストの理解を深めることができるだろう。

おもな目次

はじめに
第1章 バウムテストの実施方法

    Ⅰ 用具
      1.用紙
      2.筆記用具
      3.用具に関する議論
    Ⅱ 教示
      1.用紙の置き方
      2.描画の指示
      3.教示に関する議論
      4.複数の木に関する議論
      5.実のなる木について
      6.筆者の教示
    Ⅲ 描画後に行うこと
      1.記録しておくべきこと
      2.描画後のインタビューあるいはPDI(Post Drawing Interogation)について

第2章 バウムテストの作業仮説

    Ⅰ 形態
      1.木に見えるか見えないか
      2.子どもっぽい木の問題
      3.木の構造
      4.特殊な木
    Ⅱ 象徴(木,陰影,風景,付属物など)
      1.木
      2.陰影
      3.風景
      4.付属物
    Ⅲ 描線(筆跡学的知見)
      1.筆跡学の歴史
      2.筆跡学のアイテム
      3.描線のサイン
    Ⅳ 空間象徴から空間図式へ(理論,木の大きさ,はみ出し)
      1.各研究者たちの考え方
      2.木の大きさ
      3.はみ出し
    Ⅴ 特殊サイン
      1.擬人型
      2.ウロ
      3.性的表現と性的問題

第3章 バウムテストの読み方

    Ⅰ 読み方の手順
      1.情報収集
      2.まず印象を書き留める
    Ⅱ 読み方(フローチャートを参照しながら)
      1.印象把握から分析へ
      2.多義的・多層的であるということ

第4章 3枚法の読み方

    Ⅰ 読み方の手順
      1.3枚の印象把握と形態に注目
      2.パターン分類から予想されること
    Ⅱ 夢の木が意味すること
    Ⅲ 統計的に見た夢の木

第5章 2枚法の読み方

    Ⅰ 複数枚の絵を描かせる心理検査
    Ⅱ 2枚法の実施方法
      1.用具
      2.教示
    Ⅲ 読み方の手順
      1.1枚目の解釈仮説
      2.2枚目の解釈仮説
      3.1枚目と2枚目の力動を捉える
    Ⅳ 2枚法の事例
      1.事例の概要
      2.2枚法の解釈

第6章 心理検査と治療的アプローチ

    Ⅰ 心理検査としてのバウムテスト
      1.心理テストの自立性
      2.バウムテストからわかること
      3.バウムテストの所見の書き方
    Ⅱ 描画療法としてのバウムテスト
      1.心理テスト,描画テストの実施と説明
      2.芸術療法としてのバウムテスト

第7章 サイン一覧

    Ⅰ 出典
    Ⅱ 各サインの抽出
    Ⅲ サインの分類方法
    Ⅳ 表の読み方

読み方のフローチャート
参考文献
あとがき