境 泉洋・野中俊介著

CRAFT ひきこもりの家族支援ワークブック
若者がやる気になるために家族ができること

A5判 200頁 定価(本体2,800円+税) 2013年8月刊 


ISBN978-4-7724-1324-4

 ひきこもり支援においては,当の若者へのアプローチが難しいため,まずは実現可能性の高い家族,特に親への支援が最も重要となる。  本書は,米国で開発されたCRAFT(クラフト:コミュニティ強化と家族訓練:Community Reinforcement and Family Training)という治療プログラムを元にしており,認知行動療法の技法を応用して行われるものである。日本では,厚生労働省のガイドラインにおいて“ひきこもり”の家族支援として取り上げられ,今後ひきこもりの若者支援において活用が期待されている。
 全8回のプログラムを通して,ひきこもりのメカニズムを正しく理解し,コミュニケーションや問題解決の技法を家族に具体的に教えていくことで,家族関係の改善を促し,若者と社会をつなぐことができる。臨床心理士,精神科医,教育関係の援助職,あらゆる職種の方々が家族と一緒に取り組む際に有用な援助のためのワークブックである。

おもな目次

まえがき
第1回 ひきこもりの若者と社会をつなぐために
第2回 問題行動の理解
第3回 暴力的行動の予防
第4回 ポジティブなコミュニケーションスキルの獲得
第5回 上手にほめて望ましい行動を増やす
第6回 先回りをやめ,しっかりと向き合って望ましくない行動を減らす
第7回 家族自身の生活を豊かにする
第8回 相談機関の利用を上手に勧める
第9回 プログラムを終えてからの支援
あとがき