デビッド・A・クラーク,アーロン・T・ベック著/坂野雄二監訳/笹川智子・石川信一・金井嘉宏・岡島 義訳

不安に悩まないためのワークブック
認知行動療法による解決法

B5判 300頁 定価(本体3,600円+税) 2013年10月刊


ISBN978-4-7724-1338-1

 「不安」とは、特定の人に限らず誰しもが感じ、またどんなに努力をしても決してなくなるものではない。「不安」な状態というと、とても不快なイメージがあるが、それは危険を知らせてくれるシグナルでもあり、もし不安を感じることがなければ、私たちは危険に対応することもできないだろう。
 そんな「不安」を、排除しようとするのではなく、自分で管理をしながらコントロールし、上手く付き合えるようになることを目指す。 不安が強すぎる状態になる前に止めることができる、もし気づかないうちに強すぎる状態になっていたら元に戻すことができる、生活を妨害するような不安が起きないように生活を工夫できる、考え方や振る舞いを工夫できる、という状態を手に入れることができれば不安は生活の邪魔をするものではない。
 本書では、不安を恐れることなく、合理的に不安に対処していくための生活の工夫をまとめている。認知行動療法の研究と実践の成果に基づき、そこで行われているさまざまな専門的治療法を、生活の中に体系的な練習として組み込んでいけるようワークブック形式で伝授する。

おもな目次

日本語版への序文
序文
第1章 新しいスタートを切ろう
第2章 不安ってなんでしょう?
第3章 不安を感じる心
第4章 さあ,始めよう
第5章 不安の特徴を理解する
第6章 不安を感じる心を変えてみよう
第7章 勇気を持って恐怖と向き合おう
第8章 「戦略」を考えてみよう
第9章 パニックをやっつけよう
第10章 人前で感じる恐怖を乗り切るために
第11章 心配を克服しよう
推奨文献
参考文献
監訳者あとがき

関連書

書評