原著者Blanck, G. については,篠原氏の「訳者あとがき」に詳しく紹介されているが,私にとっては主著Ego Psychology と共に忘れ難い人である。私との関わりでいえば,40 年近く前,東京都精神医学研究所で非常勤研究員をしていた折に,岡部祥平,溝口純二,遠山尚孝らの諸先生と一緒に,毎週上記のEgo Psychology の輪読会をした。当時は皆若くて,学問への熱気に溢れていた。Blanck の名と共に甦るのは,研究所の静かな雰囲気と,まだ若い私達が精神分析に寄せた共通の強い想いであり,それがBlanck の名を私達にとって特別に懐かしいものにしているのである。
 本書は一見したところ,各節の記述が短く,断片的で,翻訳には適さないかの印象を与える。しかし,読み出すとそれがまったくの誤りであることが分かる。叙述は簡単だが,内容は豊かで明晰である。過不足なく要点を述べて,そこに内在する問題点の指摘にまで及んでいる。また,各節の題が疑問形式になっている箇所も多く,読者があらかじめ自分で解答を用意したうえで読み進めれば,自分の知識の整理にもなり,自分の力を測るうえでも役立つと思われる。本書は知識を与えるだけでなく,読者を触発してさらに考えさせるための本,といえるだろう。その意味で,本書はPrimer of Psychotherapyと題されてはいるが,初学の方々だけでなく,中堅以上の方々にも,十分読みごたえのある一書であると思われる。
 本書には,心に残る言葉があちこちに散見される。ランダムに挙げてみると,「精神分析の治療目的は,防衛を理解し対象関係パターンを変えることにある」「私たちは母親との共生をゆりかごから墓場に至るまで熱望するものだ」「薬物療法の効果は一時的だが,心理療法の中での情動体験は(構造に変化を与えるから),より持続的である」。挙げ出すときりがないが,読者は賛成反対のいずれにせよ,気になる言葉を書き抜いて,自らの「心理療法箴言集」のようなものを作ってみるのも一興だろう。そして折に触れて考えるよすがとすれば,大いに役立つはずである。
 本書の訳語について。当然のことながら訳語に難渋することが多く,そのつど訳者間で話し合ってきたが,ここでは三点についてだけ触れておきたい。第11 章の題「Less Is More」の訳。直訳すれば「少なければ少ないほど,より良い」となろうが,あまり明快でない。ここでは逆説的に述べられていて,著者の意向は「心理療法の回数は,少なければ良い,というものではない」と理解すべきだろう。第4 章の「erapeutic Differential」の訳。これはLoewald の言葉だというが,治療的分化とするか,治療的差異とするか,意見が分かれた。ここでは「過去の対象との関係と,分析家との関係の差異を体験することが,治療的変化をひき起こす」意味と理解して,後者に統一した。reciprocal の訳。私は相補的という訳語になじんできたが,現在は互恵的と訳されることが多いようである。
 最後に,本書の翻訳に協力してくれた皆さんに,心から御礼申し上げます。皆さんとの勉学の日々は,終生忘れ得ないものです。

平成25 年10 月
馬場 謙一