楢原真也著

子ども虐待と治療的養育
児童養護施設におけるライフストーリーワークの展開

A5判 240頁 定価(本体3,600円+税) 2015年6月刊


 
 

ISBN978-4-7724-1428-9

 親のいない子どもや虐待を受けた子どもの養育と自律を目的とする児童養護施設では,家族を遠く離れた子どもたちが,複雑に交錯する想いを胸に生きている。施設の生活で出会う子どもたちの深い怒りや哀しみ,はからずも課せられた自らの運命への切実な問いかけ――この声なき声に応える臨床試論として,自らのナラティヴを紡ぎ人生の歩みを跡づける「ライフストーリーワーク」の理論,それにもとづく治療的養育の理論と実践を報告する。子どもと事実を分かちあいながらその自己形成を見守る「名もなき英雄」としての支援者の条件を問う。

おもな目次

序章 子どもたちは施設入所をどのように捉えているのか
第1部 治療的養育論
 第1章 治療的養育の歴史とアタッチメント理論
 第2章 治療的養育の実践―生活を共にするなかで育まれるもの
 第3章 語られる秘密―生活のなかで子どもが家族に言及するとき
第2部 ライフストーリーワークの技法論
 第4章 ライフストーリーワークの歴史的・理論的背景
 第5章 ライフストーリーワークをはじめる前に
 第6章 ライフストーリーセラピーの技法
終章 子どもと事実を分かちあうために