『子ども虐待と治療的養育−児童養護施設におけるライフストーリーワークの展開』

楢原真也著
A5判/230p/定価(3,600円+税)/2015年6月刊

評者 内海新祐(川和児童ホーム)

 今から15年ほど前に施策的な後押しで児童養護施設に心理職が導入された際,心理職の課題意識のかなりの部分を占めていたのは「自分たちはこの場で何をすればよいのだろう」ということだったと思う。児童養護施設という新たな領域に参入した心理職の多くは,心許なく周りを見回しながら“心理職の役割”に関する議論のなかに埋もれていた。視点と関心の中心はもっぱら「自分がどう振る舞うか」にあった。だが,今はもうそこに拘泥している時代ではないのだ。本書を読みながら私が感じたのは,まずそのことだった。本書は「この事態は子どもにはどのように体験されているか」という視点と関心から発し,文献の渉猟も調査研究も実践とその考察も,そこに還っている。視点の自己中心性を脱し,子どもの回復と成長に貢献する本質的な考え方と実際的な方法が展開されている。この領域における心理支援の“幼児期”の先にあるべきひとつの到達点がモデルとして示されていると言えるだろう。
 もっとも,著者は心理職を特別視しているわけでも,“こころ”に特化した関心を払っているわけでもない。著者の問いはもっと直接的かつ本質的に,「人生早期から剥奪的・虐待的な環境のなかを生き延びてきた子どもたちにはどのような環境が用意されるべきか」「彼らの切実な問いかけに応えるには何が必要なのか」「立場や職種にかかわらず子どもに関わる大人にはどのような姿勢が求められるか」に向けられている。その問いのなかで著者が特に重要なものとして着眼したのが「子どもがいかに自身の人生の物語を紡いでいくか」であり,そのための具体的な方法がライフストーリーワークである。過酷な体験を乗り越えてきた子どもに敬意を持ち,彼らが経験してきた事柄すべてを大事な歴史として尊重する著者の基本姿勢が,この着眼へと導いたのであろう。
 歴史を尊重すると言えば,本書全体が,これまでなされてきた「治療的養育」への敬意を集積したものと読むこともできる。さすが博士論文が基になっているだけあって視野は広く,10ページ以上にわたる引用・参考文献自体にすでに資料的価値がある。国内外における実践例や狭義の治療論・発達論のみならず,ありふれた日常生活の諸場面,生活形態や規模,建物の構造やグループ編成などがもたらす意味と影響にまで目配りが利いている。単に網羅的なだけではない。そうした先人たちの実践と議論のうえに自身の考えが形成されていることへの敬意がことさらにではなく,筆致に滲んでいる。著者が一人の聴き手として「治療的養育」のライフストーリーを紡ごうとしているかのようでさえある。
 著者は博士号を持ち,全国規模の研修・研究を行う機関の主任まで務めながら,やはり実践の現場に生きたいと,また施設職員となることを選んだ。子どもおよび「治療的養育」の傍らに,より身近に居てくれることになった著者の紡ぐ物語が今後も聞けるはずである。