黒沢幸子著

やさしい思春期臨床
子と親を活かすレッスン

A5判 304頁 定価(本体3,200円+税) 2015年9月刊


 
 

ISBN978-4-7724-1449-4

 思春期の子どもと親の持てる力を共に活かし,問題に責任を負わせて問題を維持させる「悪循環」ではなく,解決・未来志向の「良循環」を生みだすための臨床レッスン。思春期臨床にかかわるあらゆる立場の人たちのためのヒントを余すところなく紹介する。
 思春期の人々と彼/彼女たちに向き合う親への理解を深める第1部「思春期の『秘密』」に続き,第2部「思春期臨床の『実戦=実践』」では,ときには戦い(実戦)にもなる思春期臨床の八つの実践事例を紹介する。反社会的仲間集団の問題行動、思春期の仲間関係と同調圧力、ネットいじめと「ひきこもり」、DV家庭の家出事例、親子の来談ニーズが異なる不登校事例、親と担任教師の合同作戦会議を用いた不登校事例、自傷行為で入退院を繰り返した事例、思春期にはじめて顕在化する発達障害など、いずれも思春期特有の課題をテーマに展開。最後に第3部「思春期臨床の『種明かし』」では、思春期臨床のポイントとスタンスをまとめる。
 心理臨床家、相談援助職,教育・医療・福祉・育児・司法・矯正領域のスタッフ,思春期の子どもをもつ親/保護者のために書かれた、思春期の子どもたちへのケアと親への支援を「やさしく」伝える思春期臨床実践。

おもな目次

第1部 思春期の「秘密」

  • 01 リビングアウトをつかまえて―思春期の「秘密」
  • 02 こじれて もつれて つながって―思春期の親子関係

第2部 思春期臨床の「実戦=実践」

  • 03 同質と異質の境界で―思春期の仲間関係と親子支援
  • 04 中二の夏のLong Winding Road―反社会的仲間集団からの「離脱」
  • 05 二つの裏切り―家族システムと家族再生プロセス
  • 06 誰もいないところへ―アクティングアウトからの家族再生
  • 07 母親失格≠ネのか?―交錯する親子のニーズ
  • 08 大人たちの共同戦線―保護者コンサルテーションのすすめ
  • 09 元優等生の自責と充電―解決志向アプローチ
  • 10 二人のエリ―問題外在化アプローチ
  • 11 自分を知ること―思春期発達障害(神経発達症)のアセスメントと対応

第3部 思春期臨床の「種明かし」

  • 12 思春期に吹く風―思春期臨床の「種明かし」