『やさしい思春期臨床―子と親を活かすレッスン』

黒沢幸子著
A5判/304p/定価(3,200円+税)/2015年9月刊

評者 平木典子(統合的心理療法研究所)

 思春期臨床は,実践の難しさと問いの多重性において,最もチャレンジングな場のひとつであろう。思春期は疾風怒濤とかアイデンティティの危機(危険と機会の併存)の時代と言われてきたように,誰にとっても子どもから大人への転換期(transition)の課題とそれに伴った普遍的問題が存在する。加えて,現代の親や大人にとって共存・協働の場であるべき職場や地域社会は勝負と消費の場に化し,子どもたちにとって安心と共育の居場所であってほしい家庭や学校も競争と差別の場になっているという現代的問題がある。本書は,そのような普遍的かつ現代的な思春期の子どもと家族の課題に長年かかわってきた黒沢さんが,時には家族とともに戦うこともあるという臨床の「実戦=実践」について,その極意をわかりやすく伝えてくれる。
 本書は3部から構成されている。第1部は,思春期の「秘密」と題され,問題と事件で喧伝されている現代の思春期の現状に「待った!」をかけて,それらは見過ごすことのできない大きな挑戦ではあるが,実は誰にでも訪れるピンチ(危険)を成長のチャンス(機会)に変えるための「秘密」という意味があるのだと解説している。第2部は,思春期臨床の「実践=実戦」編である。中学生と高校生の不登校,ひきこもり,自殺願望,いじめ,暴力,親のDVなど,極めて厳しい状況に見舞われた子どもと親の8つの面接事例を通して,思春期の子ども自身の心と身体の大きな変化への適応困難,個性に目覚めた子どもの親への批判と友人との関係性の葛藤,そして大人が作り上げてきた社会の束縛と矛盾などに行動化(acting-out)で疑問を投げかけている子どもたちの現実が描かれる。黒沢さんはそれらの挑戦を,問題の行動化ではなくliving-out(延命化?―筆者訳)としてとらえる。それゆえに子どもたちが語る問題と未来への希望の描写は親と分かち合い,意味を探り,支援の糧にしていくための面接の形態と技法が工夫される。また,ひとつとして同じプロセスをたどらない多様な躓きや困難が横たわるケースのなかには,黒沢さんの一貫した面接への姿勢と未来志向の中核的な技法の活用が提示され,タイムリーな解説とともに「なるほど」と納得させられる。
 そして第3部は,第1部,第2部を踏まえた思春期臨床の「種明かし」編として,臨床家の立場,臨床における来談者への対応のポイントと留意点がまとめられている。
 近年,多くの臨床家たちが,子どもたちの大人への準備期間はどんどん延長され,30代まで続いていることを認めている。本書は,思春期臨床を実践している臨床家,カウンセラー,そして思春期の子どもとつき合っている親,教師はもちろん,人生の重大な転機に立ち止まり,方向を模索している人々にも「優しい」「易しい」黒沢さんの思いが伝わる著書である。