TEEN SUICIDE RISK

シェリル・A・キング,シンシア・E・フォスター,ケリー・M・ロガルスキー
高橋祥友監訳/高橋 晶,今村芳博,鈴木吏良訳

十代の自殺の危険
臨床のためのスクリーニング,評価,予防のガイド

四六判 250頁 定価(本体2,800円+税) 2016年1月刊


 
 

ISBN978-4-7724-1466-1

 現在世界の自殺者数は,年間約百万人を超えており,日本においても特に若い世代では自殺が死因のトップという深刻な状況がみられる。さらに近年,いじめ,不登校・ひきこもり,非行などの学校問題と結びついた子どもの自殺が相次いでいる。
 本書は,自殺の危険の高いティーンエイジャーについてのスクリーニング,アセスメント,管理に関する長年にわたる臨床経験,コンサルテーション,応用研究を集大成した臨床家のためのガイドブックである。著者の一人キング博士は米国自殺予防学会(AAS)の元会長でもある。
 問題を抱えた青少年のクライアントとの最初の出会いから治療的関係において良好なラポールを築くことや,臨床場面で自殺の危険が高まった青少年に効果的かつ安全に働きかけていくための一連の実用的な手段(認知行動療法に基づいた特定の面接戦略や質問の仕方),自殺リスク評価のための基本原則,スクリーニングの方法,クライアントの危険因子と保護因子を検討し,自殺についてどのように質問を進めていくかといった,丁寧な実践のためのガイドラインが解説されている。
 巻末には実際に役に立つ多くの自殺リスク・チェックリストやワークシート,自殺念慮の質問票を収載した。

おもな目次

第1章 はじめに
第2章 全般的な危険因子と保護因子
第3章 スクリーニング:どのようにして自殺の危険を認識するか
第4章 自殺の危険についての評価と定式化
第5章 介入計画とケアマネジメント
第6章 親や学校との連携
第7章 法的問題

【付録】

  • A.青少年の自殺行動と自殺の危険因子チェックリスト
  • B.学校におけるスクリーニング・フォローアップシート
  • C.学校のための自殺予防資料:ガイドラインと教育・啓発プログラム
  • D.自殺念慮についてすべき質問
  • E.青少年の自殺の危険評価ワークシート
  • F.青少年の自殺の危険評価の記録
  • G.SAFE-Tカード
  • H.安全計画用紙
  • I.親に解説するための自殺の危険兆候
  • J.青少年とのコミュニケーションのヒント
  • K.役に立つウェブサイト
  • L.エビデンスに基づく若者の自殺予防介入
  • M.学校のサービスを正式に依頼する手紙の例