矢澤美香子著

社会人のためのキャリア・デザイン入門

四六判 244頁 定価(本体2,800円+税) 2016年2月刊


 
 

ISBN978-4-7724-1477-7

近年、どのように働き、どのように生きるかといった“キャリア”への関心が高まりつつある。
キャリア教育が多くの学校機関に導入され、キャリア開発プログラムを取り入れる企業も増加している。
自分自身のキャリアを自律的、主体的に“デザイン”していくことが求められている。

 本書では、学術的なキャリアの専門知識や理論を解説しつつ、さまざまなワークを通じて自らの生き方、働き方を振り返り、これからの“キャリア・デザイン”について考えられるようになることを目指す。生涯学習の視点から“社会人になってからの学びをどのようにキャリア・デザインに活かすか”という社会人の学びについても論じていく。キャリアに関心を持つ方にとって役立つ1冊である。

おもな目次

はじめに
第1章 キャリアとアイデンティティ

  • 1.キャリアとは何か
  •  1)キャリアの定義
  •  2)キャリアの共通要素
  •  3)アイデンティティ
  • 2.キャリアのさまざまな捉え方
  •  1)「ジョブ・キャリア」「ワーク・キャリア」と「ライフ・キャリア」
  •  2)「客観的キャリア」と「主観的キャリア」
  •  3)「オーガニゼーショナル・キャリア」と「バウンダリーレス・キャリア」
  • 3.社会人のアイデンティティとキャリア・デザイン

第2章 生涯学習とキャリア・デザイン

  • 1.生涯学習時代を生きる社会人
  •  1)生涯学習とは何か
  •  2)生涯学習の実態からみる学びの志向
  •  3)リカレント教育
  •  4)生涯学習時代からポスト生涯学習時代へ
  • 2.成人における学びの特徴
  •  1)成人の教育・学習理論(アンドラゴジー)
  •  2)能力の変化
  •  3)変容的学習
  •  4)成人学習者の二側面
  •  5)自律的な学習にむけて

第3章 社会人学生としての学び

  • 1.社会人の学習参加
  •  1)人生の出来事,転機と学びの動機
  •  2)学びの目的
  •  3)学習者層
  •  4)学習関心と学習行動
  • 2.社会人学生の学びにおける多様化と障害・対策
  •  1)社会人学生の学びの促進に向けた施策
  •  2)社会人学生の学びの動向と障害
  •  3)大学通信教育での学び

第4章 キャリア理論をキャリア・デザインに活かす

  • 1.キャリア発達とキャリア開発
  • 2.キャリア理論
  •  1)キャリア理論の全体像
  •  2)個人特性と職業のマッチング:スーパーの理論
  •  3)環境と個人の相互作用:ホランドの理論
  • 4)キャリア・ダイナミクス:シャインの理論
  •  5)偶発性とキャリア:クランボルツの理論
  •  6)キャリア発達における意思決定
  •  7)キャリア・トランジション:シュロスバーグ,ブリッジズの理論
  •  8)統合的ライフ・プランニング:ハンセンの理論
  • 3.キャリアをデザインする

第5章 ライフ・サイクルとキャリア・デザイン

  • 1.成人期における発達研究(サイクル・モデル)
  •  1)レビンソンのライフサイクル
  •  2)シャインのキャリア・サイクル
  • 2.キャリアの3段階における特徴
  •  1)成人期前期(20代半ばから30代)
  •  2)成人期中期(30代半ばから40代)
  •  3)成人期後期以降(50代以降)

第6章 多様性とキャリア

  • 1.女性におけるキャリアの問題
  •  1)女性のライフサイクルとキャリア・バリア
  •  2)女性における働くこと
  •  3)女性のキャリアと学び
  • 2.ダイバーシティとキャリア

第7章 適性と専門性

  • 1.社会人と適性
  •  1)適性とは何か
  •  2)職業適性検査
  • 2.社会人の学びと専門性
  •  1)専門性とは何か
  •  2)専門性を高めるために

第8章 社会人学生のよりよいキャリア・デザインをめざして

  • 1.「ワーク」「ライフ」「ラーニング」の調和
  • 2.ポジティブな心理機能とキャリア
  •  1)レジリエンス
  •  2)フロー
  •  3)ワーク・エンゲイジメント
  • 3.スピルオーバーとクロスオーバー

第9章 社会人学生としての学びを活かすキャリア・デザイン

  • 1.キャリア・デザインの方法
  • 2.キャリアを促進する社会人学生の工夫

あとがき