『教師のためのほめ方ケースワーク20―行動観察で子どもが変わる! クラスが変わる!』

小笠原 恵著
四六判/200p/定価(2,200円+税)/2016年4月刊

評者 石川与志也(ルーテル学院大学)

 本書は,教師を対象としたほめ方の本であるが,教師のみならず,スクールカウンセラーをはじめ,子どもや子育て中の親に関わる臨床家にとって学ぶところの多い本である。
 昨今ほめるということは一種のブームのようになっており,ハウツー本も巷にあふれているが,本書はいわゆるハウツー本ではない。心理学の理論と研究,著者自身の発達障害児の発達支援に関わる研究,そして幼稚園や保育園,小中学校等の教員の相談にのってきた豊かな経験をもとに,児童・生徒の発達やクラス集団の発達をどのように促進することができるのかが,ほめるという視点から書かれている。
 本書全体は,実践編と理論編に分かれており,実践編がそのほとんどを占めている。実践編はクラス編,個人編,失敗編に分けられ,合唱コンクールの練習態度の温度差からバラバラになってしまった中2のクラス,「小1プロブレム」が解決されないまま小2になったクラスをはじめ,通常学級への適応が難しくなった自閉症の診断を受けている小1男子,特別支援学級のケース等,取り上げられているケースは多岐にわたる。
 それぞれのケースを見ていくと,ただほめることが大事なのではなく,ある問題状況を解決するための介入全体の中にほめることをどう位置づけると効果的かが考えられている。そこでのほめ方は一様ではなく,子どもの発達水準が考慮され,それぞれの発達段階で子どもの自我発達を一歩先に進めるために効果的なほめ方の工夫が随所に示されている。
 また,本書で一貫して示されているのは,子どもやクラスをよく観察することの重要性である。問題解決のためには,まず問題状況をよく観察し理解することが必要であるが,介入した後も引き続き子どもやクラスの反応を観察し,より効果的な介入をするための試行錯誤をする大切さがケースを通して見えてくる。
 さらに,本書の特徴として,個人と集団の両方の視点から問題にアプローチしていることがあげられる。クラスにおいて生じる問題は,問題を起こしている子どもだけに原因があるのではなく,クラス集団そのものの問題であることが少なくない。また,クラス集団に働きかけ,クラス集団そのものの風土が自律的,創造的なものとなることで,問題行動を起こしていた子どもの変化につながることが多くある。
 評者が日々の臨床や教育場面で出合う若者たちを見ていると,学童期の発達課題が十分に達成できていないと思われる者が多くいる。共同のルールの中で自律的,主体的,創造的に活動できるようになることが,学童期の主要な発達課題の一つである。本書にはこの発達課題の達成のためのコツが随所に示されている。子どもの自律性,主体性の発達を促すためのほめ方の工夫に加え,ときに子どものプライドに働きかけたり,自分で決めたことを責任をもって実行できるよう背中を押し励ましたりするなどの関わりも重要となる。本書を刺激として,学童期の発達課題を達成する工夫を考えることは,子どものみならず青年期の若者の発達や成熟を支援する上でも大いに役に立つであろう。