中村紀子著

ロールシャッハ・テスト講義U
解釈篇

A5判 320頁 定価(本体4,200円+税) 2016年6月刊



 
 

ISBN978-4-7724-1498-2

 包括システムによるロールシャッハ・テストのための基礎講座、『ロールシャッハ・テスト講義T――基礎篇』に続く第2弾「解釈篇」。
 ジョン・エクスナーによる2つのケースをサンプルに,テストデータのコーディング結果を8つのクラスターで解釈するためのヒントをわかりやすく詳解。講義形式のやさしい語り口で,「統制とストレス耐性」「状況関連ストレス」「感情」「情報処理過程」「認知的媒介」「思考」「自己知覚」「対人知覚と対人行動」という8つのクラスターで細やかにデータを精査して,受検者の基盤となるパーソナリティや現在の心理状態を鮮やかに浮かび上がらせ,その回復に役立つ戦略プランの策定方法までを学んでいく。
 間違いやすいコーディングや解釈を成功させるヒントをまとめた「コラム」や,クラスター解釈の手順をクイックチェックできる「巻末付録」など,実務に役立つうれしい特典も満載。ベテランだけが知るテクニックを惜しみなく語った,エクスナーによる『ロールシャッハ・テスト―包括システムの基礎と解釈の原理』(金剛出版)の理解を助ける決定版サブテキスト。

おもな目次

講義1 ロールシャッハ・テストを施行する
講義2 基礎篇から解釈篇へ
講義3 ジョン・エクスナーの2つの事例
講義4 コントロール(統制)のレベルを測る
講義5 ストレスの実態を見抜く
講義6 自己知覚=自己イメージを点検する
講義7 対人関係の質を測定する
講義8 感情の舵取りを解釈する
講義9 認知=考え方をクリアにとらえる
講義10 解釈をまとめあげる
巻末付録1 トライアル15
巻末付録2 解釈のための参考資料